キャリーオーバー

キャリーオーバー発生中!
6月30日(土)締め切り
totoBIG 第576回 4,823,478,405円

プロフィール

書いている人:Taku
基本的にはtoto・minitotoは各2000円以内での購入を公表。BIGとminiBIGとtotoGOALは毎回1口だけ購入しています。

にほんブログ村 サッカーブログ totoへ
人気サイトが大集合toto Ranking!

スポーツブックで稼ぐ男
MLB、NFL、サッカーなどのスポーツに投資して稼ぐプロギャンブラーのブログです

当たらなくても得するtotoの買い方

【サッカーブログ】monosoccer

Live score

Jリーグ 順位表

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【キリンチャレンジカップ アゼルバイジャン戦】 いつの間にか虜になっていた。

香川の凱旋、本田△の復帰、宮市代表デビューなるか?などマスコミが喜びそうなメンバーとなった久しぶりの日本代表戦。しかし、よく見るとその中に彼の名前がありませんでした。

吉田麻也。

ザックジャパン不動のセンターバックとして活躍する彼が今日の試合にいない事に違和感を覚えた方がどのくらいいるでしょう。実際「吉田なんていてもいなくても変わらない」という声も聞こえますが、僕は違います。

リーグ戦の都合で召集されていないのは知っていましたが、それでも実際に伊野波・栗原のセンターバックを見ると不安。

吉田がいないと寂しい。そんな特に理由も無く吉田麻也の虜になってしまっていたtoto予想ブログへようこそ。

2012/05/23
キリンチャレンジカップ2012
日本21-00アゼルバイジャン
1-0
得点者
香川真司
岡崎慎司
時間
43min
58min
得点者
created by :TextMatchReport :more_info


・国歌斉唱は一青窈さん。知人が「今日の国歌斉唱は乃木坂46」とデマを吹き込まれていたので裏切られた気分。

・試合開始早々から本田△と長友の連携が絶妙。言い換えればそれ以外はモゾモゾした立ち上がり。

・森本がイイ!と思ったらゴール→オフサイドの判定。しかも負傷退場。もってない。

・アゼルバイジャンはベタ引き。引いた相手を崩す練習にはなったと思う。

・圧倒的に日本がボールを支配するも、細かいパスミスなどで得点には至らず。スコアレスで前半終了かなぁ…と半ば諦めかけていたその時、長谷部のスルーパスを受けた香川がゴール。

・香川、あの落ち着きっぷりはスゴイ。伊達にマンUが欲しがってない。過去の日本代表FWなら吹かして終わっていた感じ。

・長谷部は仕事はしたが、ゴールシーン以外では本調子とは程遠い出来。

・後半の岡崎のゴールは岡崎らしい感じ。FWなので1点取れば仕事をしたと評価できる。

・前田が代表では相変わらず存在感無し。

・栗原がアゼルバイジャンFWに抜かれたシーンで吉田麻也を思い出した。吉田なら抜かれなかっただろうか。

・スタメンの両サイドバックは明暗。長友は○、内田は×。

・内田に代わり後半から代表デビューとなった酒井が持ち前のクロスの精度を見せ付けた。現状では内田・駒野に次ぐ3番手の評価だろうが、今後も使って欲しいと思える選手。

・期待の宮市も代表デビュー。何もできなかったが、スペース無いと活きないので仕方なし。

・安心の中村憲剛クオリティ。優秀なバックアップとしてW杯最終予選でも重宝しそう。

・全体的にミドルシュートは少なかった気がする。もっと遠目からシュートを打ってもイイ。



W杯最終予選初戦のオマーン戦まであと10日。最後の実戦としては物足りない感もありますが、それは吉田麻也がいなかったから、って事で。

4年前に比べれば日本代表の力は着実に上がっているし、なんせ監督の質が(以下略

オマーン戦で誰を使い、誰を外すのか。今からワクワクしますね。



toto,totoBIG みんなの予想はこちらから

 ←ブログランキング参加中。皆さんのご協力お願いします。



第567回 toto・minitoto結果 『10試合的中では1円にもならない。』

横浜M-G大阪の試合を観に行ったのですが、試合の盛り上がりとしては微妙。全てにおいて不運なtoto予想ブログへようこそ。

totoもminitotoも「あと1試合当たっていれば」という、これまた微妙な結果。

567_B.gif

【横浜M-G大阪】【予想1】
スタートで躓いた両チームの対戦。しかしチーム状態は雲泥の差。今や公式戦5連勝中の横浜Mと監督交代後もなかなか上昇しないG大阪。先週は「横浜Mは3連勝で安心しモチベーションが上がらないだろう」などと適当な精神論で横浜Mを無印にし爆沈しただけに、今週はしっかりと買わせてもらう。精神論を抜きにしても横浜Mは、兵頭・小野の調子が良く、マルキもそろそろ爆発の予感、と好材料が多数。どん底のG大阪はもう少し時間が必要か。

と、色々理由を付けたが「熱狂的横浜Mサポと一緒に横浜Mゴール裏で全力観戦」の為、試合後旨い酒を呑むには横浜Mが勝ってもらわないと困る、ってだけ。
⇒【× 結果0】 横浜Mが優勢に試合を進めるも「得点のニオイ」は無かった。クライマックスは中村俊輔のPKからPKを外すまでの間。そこでPKを外したらイカンでしょ。

【広島-神戸】【予想1】
アウェイで川崎・柏に圧勝したかと思えば、ホームで新潟・横浜Mに負ける、という実に予想しにくい今の広島。「まず守備を固めて」という相手には相性が悪そうだが、真っ向勝負を挑んでくる相手には勝っている、というところか。ここはシングルで問題無いだろう。
⇒【○ 結果1】 予想としては当たっているのだが、試合内容は予想外。試合終了まで残り5分で神戸がリードという状況から逆転した広島を誉めるべきか、守りきれなかった神戸を責めるべきか悩ましいところ。広島は佐藤寿人が悪かったがその分石原の出来が秀逸。

【浦和-清水】【予想1,0,2】
チーム力だけ見ればDF岩下が出場停止だろうが清水が上なんだろうが、清水が上位にいる事が何か落ち着かない。湘南が育てたボランチ・村松は素晴らしい選手だが、マルシオ&柏木を1人で封じ込められるかというと不安もある。結局トリプルで予想放棄。
⇒【○ 結果1】 CKから得点した浦和が1-0で逃げ切り勝ち。この試合も殊勲者は阿部。阿部の活躍で勝ち点を獲る試合が多いなぁ。

【仙台-名古屋】【予想1,2】
ミッドウィークのナビスコがお休みだった仙台だが、梁の復帰と共に得点力が低下しているのが気になるところ。単に研究されているだけだとは思うが…。ドローもそこそこの人気を集めているカードだが、アウェイの名古屋は勝ち負けが多くドローが極端に少ない。ここは決着するだろう、と読んだ。
⇒【○ 結果1】 仙台の得点力低下を懸念していたが杞憂に終わった。先制してからのカウンターは依然として鋭く、梁の復帰でスタメン落ちしていた太田も最後にアシストで結果を出した。チーム内でバランスの取れた競争が行われているチームは強い。名古屋はダニルソンの負傷退場が誤算。

【C大阪-柏】【予想1,2】
本線は柏。昨年のチャンピオンチームが苦しんでいる理由はACLによる過密日程というよりも、守備の不安定さだと思っていた。それがここにきて改善の兆し。暖かくなりレアンドロドミンゲス&ジョルジワグネルも調子を上げてきている。ただ、100%の信頼を置けないのが今の柏でもあるんだよなぁ…。
⇒【○ 結果2】 レアンドロドミンゲス、田中順也のゴールで逆転勝ちした柏。ただし、この試合に限ってはC大阪にミスが多く、柏の本来の力を推し量る事はできない。C大阪は交替も後手後手の印象。

【新潟-磐田】【予想1,0】
支持率57%、人気の磐田を切る。過去新潟ホームでの対戦成績は10戦して6引き分け、とにかくドローが多い。ナビスコカップの試合が無かった新潟はこの試合に標準を合わせてきており、アウェイで不安定な磐田よりも信頼が置けそうだ。ただ、キーマンであるミシェウの出場が微妙との情報もある。
⇒【× 結果2】 ゴメンナサイ。予想大ハズレ。山田、松浦といった新世代のジュビロ戦士が躍動し新潟を圧倒。退場者を出し集中力が切れた新潟から大量6得点。ミシェウがベンチにすら入っていなかった時点で予想としては失敗だったのだが、それにしても磐田の攻撃は素晴らしかった。
新潟は黒崎監督を解任。まぁ、今年の勝ち点だけを見れば仕方ない部分もあるが、個人的には最後まで指揮を取らせてあげたかった。


【大宮-川崎】【予想2】
ホームで弱いと言われ続けた大宮がホームで連勝中。ただ、相手が札幌・G大阪と下位のチームだったことも事実。ほぼベストメンバーでナビスコを戦った大宮よりも、主力を休ませた川崎の方が結果を出しそう。
⇒【○ 結果2】 後半22分に川崎が先制するまでは完全に大宮ペース。ただ、ラファエルの動きが鈍く、ポゼッションはできるもののフィニッシュできないというもどかしい内容。川崎はワンチャンスを活かし先制した後はリスクを回避した大人の試合運び。今までなら2点目を取りにいってカウンター食らって殴りあい、なんて試合展開も多かったのだが。これが風間監督のサッカーか。

【鹿島-札幌】【予想1】
鹿島で鉄板。ただでさえ選手層に不安がある札幌だが、ここにきてケガ人続出。ちょっとカワイソウ。
⇒【○ 結果1】 鹿島7-0で快勝。札幌カワイソウ。

【F東京-鳥栖】【予想1,0】
守備安定の両チーム。こういう時はドローを絡めたホーム寄りの予想にしておくのが無難&無難。
⇒【○ 結果1】 守備安定の鳥栖から3得点したF東京が逆転勝利。後半から途中出場の渡邉がハットトリック。同じく途中出場の石川が鳥栖ディフェンスに混乱を与えた。ポポヴィッチ監督の采配がズバリ的中といった試合。鳥栖は2点のリードを守れず。岡本・藤田の交替が裏目に出た。

今節は全体的に動きが鈍い気がした。ナビスコ・ACLからくる疲れ、徐々に上がり始めた気温、そろそろ選手層が薄いチームが落ち始めそうですね。


BIGは1等1口6億円。キャリーオーバーは約49億円。
totoBIG,BIG1000,miniBIG の公式結果発表

totoは1等105口!約150万円。引き分けが1試合で順当な結果ばかりだったので低配当。
toto,minitoto,totoGOAL の公式結果発表


toto,totoBIG みんなの予想はこちらから

 ←ブログランキング参加中。皆さんのご協力お願いします。



第567回 toto・minitoto予想 『荒れない週末。』

ようやく本田が代表に復帰しましたね。6月から始まるW杯アジア最終予選にギリギリ間に合った…よかった…。

最終予選前に一発くらいtotoを当てたいと目論んでいるtoto予想ブログへようこそ。

567_A.gif

【横浜M-G大阪】【予想1】
スタートで躓いた両チームの対戦。しかしチーム状態は雲泥の差。今や公式戦5連勝中の横浜Mと監督交代後もなかなか上昇しないG大阪。先週は「横浜Mは3連勝で安心しモチベーションが上がらないだろう」などと適当な精神論で横浜Mを無印にし爆沈しただけに、今週はしっかりと買わせてもらう。精神論を抜きにしても横浜Mは、兵頭・小野の調子が良く、マルキもそろそろ爆発の予感、と好材料が多数。どん底のG大阪はもう少し時間が必要か。

と、色々理由を付けたが「熱狂的横浜Mサポと一緒に横浜Mゴール裏で全力観戦」の為、試合後旨い酒を呑むには横浜Mが勝ってもらわないと困る、ってだけ。


【広島-神戸】【予想1】
アウェイで川崎・柏に圧勝したかと思えば、ホームで新潟・横浜Mに負ける、という実に予想しにくい今の広島。「まず守備を固めて」という相手には相性が悪そうだが、真っ向勝負を挑んでくる相手には勝っている、というところか。ここはシングルで問題無いだろう。

【浦和-清水】【予想1,0,2】
チーム力だけ見ればDF岩下が出場停止だろうが清水が上なんだろうが、清水が上位にいる事が何か落ち着かない。湘南が育てたボランチ・村松は素晴らしい選手だが、マルシオ&柏木を1人で封じ込められるかというと不安もある。結局トリプルで予想放棄。

【仙台-名古屋】【予想1,2】
ミッドウィークのナビスコがお休みだった仙台だが、梁の復帰と共に得点力が低下しているのが気になるところ。単に研究されているだけだとは思うが…。ドローもそこそこの人気を集めているカードだが、アウェイの名古屋は勝ち負けが多くドローが極端に少ない。ここは決着するだろう、と読んだ。

【C大阪-柏】【予想1,2】
本線は柏。昨年のチャンピオンチームが苦しんでいる理由はACLによる過密日程というよりも、守備の不安定さだと思っていた。それがここにきて改善の兆し。暖かくなりレアンドロドミンゲス&ジョルジワグネルも調子を上げてきている。ただ、100%の信頼を置けないのが今の柏でもあるんだよなぁ…。

【新潟-磐田】【予想1,0】
支持率57%、人気の磐田を切る。過去新潟ホームでの対戦成績は10戦して6引き分け、とにかくドローが多い。ナビスコカップの試合が無かった新潟はこの試合に標準を合わせてきており、アウェイで不安定な磐田よりも信頼が置けそうだ。ただ、キーマンであるミシェウの出場が微妙との情報もある。

【大宮-川崎】【予想2】
ホームで弱いと言われ続けた大宮がホームで連勝中。ただ、相手が札幌・G大阪と下位のチームだったことも事実。ほぼベストメンバーでナビスコを戦った大宮よりも、主力を休ませた川崎の方が結果を出しそう。

【鹿島-札幌】【予想1】
鹿島で鉄板。ただでさえ選手層に不安がある札幌だが、ここにきてケガ人続出。ちょっとカワイソウ。

【F東京-鳥栖】【予想1,0】
守備安定の両チーム。こういう時はドローを絡めたホーム寄りの予想にしておくのが無難&無難。


キャリーオーバー発生中の為、ガチガチの堅い結果に収まってもそれなりの配当になるだろう、という皮算用。もう何度も何度もキャリーオーバーにワクドキしてますが、一度も1等当てた事無いから関係無いんだという事に薄々気付いてきた今日この頃です。



toto,totoBIG みんなの予想はこちらから

 ←ブログランキング参加中。皆さんのご協力お願いします。


第565回 toto・minitoto結果 『今年少な目だったドローが多発。』

予想の精度としては決して低くないのだが、minitotoすら当てることができなくなっているtoto予想ブログへようこそ。今節もminitotoはAもBも貫禄の4試合的中(つまりハズレ)

【0】に印を付けた4試合全てが【0】だった、だけど当たらなかった、という何とも言えない結果。

565_B.gif

【札幌-F東京】【予想2】
ACLで予選リーグ突破を決めたF東京がここは全力で勝ちに来る。リーグ戦では仙台・清水といった守備の堅いチームに敗れているが、全体的なポテンシャルは札幌より上。リーグ開幕当初よりは得点ができるようになってきた札幌だが、今度は守備に破綻が。ここはF東京のシングルで問題無いだろう。
⇒【○ 結果2】 試合開始早々の得点を守りきったF東京が勝利。札幌はチャンスを作れていたが、フィニッシュの精度を欠く。更に権田神が君臨では仕方無い。

【磐田-鹿島】【予想1,2】
相性を考えると鹿島の勝ちは外せない。とはいえ鹿島が本調子で無い事も事実。前節の鳥栖戦は全盛期の鹿島なら1-0で勝っている試合。磐田が先制すれば今の鹿島に追いつく力は無いと読み両天秤、いや二股で。
⇒【○ 結果1】 スコア的には磐田が圧勝だが、内容にそれほど差は感じられず。鹿島が自分達のリズムでボールを保持できた時間帯で得点できず、最後にポコポコっと2失点。結局、今の鹿島には逆転する程の力が備わっていないという事か。

【鳥栖-大宮】【予想1,0,2】
鳥栖が5位。当ブログは開幕直前に「鳥栖は降格候補No1!」と言い切っていただけに、もう佐賀県に足を踏み入れる事すら許されない程反省中。今まで前線でプレスを掛け続けていたFW豊田の不在がチームの守備に影響するのかどうか。外弁慶の大宮の状態を読みきれずトリプルで逃げる。
⇒【○ 結果0】 大宮としてはもったいないドロー。劣勢の中でもしっかりと守備ブロックを形成し、後半36分という最高の時間帯に先制したのだから守りきらなければいけないだろう。鳥栖は藤田のロングスローが脅威。

【川崎-柏】【予想1,2】
監督が変わるとこうもサッカーが変わるものかと驚かされた川崎。元々殴り合いが得意なチームなので、多少の失点には目を瞑って攻撃してもらえると見ているほうは楽しい。一方、昨年のJ1王者である柏は狂った歯車が元に戻りきれない様子。川崎シングルでも面白いかもしれないが、柏の底力を見切れず二股で勝負。
⇒【○ 結果2】 柏の底力、というか川崎が自滅。パスが繋がらない、プレスに慌てる、と主導権は完全にアウェイの柏。まぁこの脆さが川崎の魅力でもあるのだが。

【広島-横浜M】【予想1】
横浜Mが3連勝。いずれの試合も失点はしているが複数得点で勝ちきっている。低迷したチームを変えたのは技術的な問題よりもハート。そのハートの部分が3連勝で希薄になっているだろう、と予想し、一定のパフォーマンスを保っている広島で勝負する。
⇒【× 結果2】 試合開始直後の広島・青山のロングシュートが決まった時点で「勝負あり」と思っていたが、いやはや…。横浜Mが連敗中には見られなかった運動量で広島へプレスを敢行し、奪ったらサイドを有効に使った賢い攻め。広島DFは3バックの為、サイドを使われると数的不利や数的同数になる事が多く、横浜Mが広島DFを上手く攻略したと言える。これで横浜Mはリーグ戦4連勝。個人的には兵頭が覚醒したと見ている。

【清水-C大阪】【予想1,0】
堅守で2位まで上がってきた清水。不安視されていた決定力も大前の覚醒により解消気味。攻守において昨年や一昨年と比較しても大幅にスケールダウンしているC大阪相手なら負けはないだろう。
⇒【○ 結果0】 終了間際ロスタイムのドサクサに紛れて清水が得点、辛うじてドローに持ち込んだ試合。C大阪は悔やまれる勝ち点1。清水は好調の大前・高木が得点に絡めなかったが、2失点目を防いだ事が同点に結びついた。

【浦和-新潟】【予想1】
過去の対戦成績、以上。
⇒【× 結果0】 ほげぇぇぇぇ。浦和はエスクデロ、デスポトビッチの投入をもう少し早くできなかったもんか。

【G大阪-仙台】【予想0,2】
開幕前にG大阪ホームでG大阪に印を付けないなんて事を想像しただろうか。西野監督が率いたG大阪は良くも悪くも外国人ストライカーをどう活かすか、だった。しかし松浪監督は日本人ストライカーの発掘に着手。嵌れば面白い存在だろうパウリーニョ・ラフィーニャに全幅の信頼を置かないようだ。外国人ストライカーのいないG大阪は昨年までのG大阪とは違う。消去法で仙台寄りのダブル。
⇒【○ 結果0】 判定ならG大阪勝利だろうが、結果はドロー。申し訳無いが、G大阪のFW佐藤って90分フルで使い続ける程の選手に見えない。確かに仙台の粘り強い守備は称えられるべきだが、それにしてもゲームを支配している時間帯で得点できないのはG大阪らしくない。もう少し時間がかかるか。

【湘南-大分】【予想1】
湘南サポの意地。
⇒【× 結果0】 意地の予想で撃沈。

【神戸-名古屋】【予想2】
名古屋シングル。ストイコビッチ体制になって以降でこんなに勝っていない名古屋は記憶に無い。なぜか神戸が穴人気っぽい支持率を集めているが、普通にやれば名古屋が勝つだろう。
⇒【○ 結果2】 先制をした時の名古屋の安定感。そして楢崎のファインセーブ。昨年、一昨年の見慣れた光景が戻ってきた。あとはケネディが完全復活すれば大連勝しそうな雰囲気がある。神戸は…細かいミスが多く、自分達でチャンスを潰してしまった。


BIGは1等的中者無し。キャリーオーバーは約49億円。
totoBIG,BIG1000,miniBIG の公式結果発表

ドロー多発でtotoは1等的中者無し。キャリーオーバー発生。
toto,minitoto,totoGOAL の公式結果発表


toto,totoBIG みんなの予想はこちらから

 ←ブログランキング参加中。皆さんのご協力お願いします。


第565回 toto・minitoto予想 『二股予想。』

今まで当ブログではtotoで【1,2】と買う時に「両天秤」とか「勝ち負けのダブル」といった表現をしていましたが、本日から流行に従い「二股」と表記する事にします!のtoto予想ブログへようこそ。

ちなみに当ブログ、予想に困った際は「三股」もします。

565_A.gif

【札幌-F東京】【予想2】
ACLで予選リーグ突破を決めたF東京がここは全力で勝ちに来る。リーグ戦では仙台・清水といった守備の堅いチームに敗れているが、全体的なポテンシャルは札幌より上。リーグ開幕当初よりは得点ができるようになってきた札幌だが、今度は守備に破綻が。ここはF東京のシングルで問題無いだろう。

【磐田-鹿島】【予想1,2】
相性を考えると鹿島の勝ちは外せない。とはいえ鹿島が本調子で無い事も事実。前節の鳥栖戦は全盛期の鹿島なら1-0で勝っている試合。磐田が先制すれば今の鹿島に追いつく力は無いと読み両天秤、いや二股で。

【鳥栖-大宮】【予想1,0,2】
鳥栖が5位。当ブログは開幕直前に「鳥栖は降格候補No1!」と言い切っていただけに、もう佐賀県に足を踏み入れる事すら許されない程反省中。今まで前線でプレスを掛け続けていたFW豊田の不在がチームの守備に影響するのかどうか。外弁慶の大宮の状態を読みきれずトリプルで逃げる。

【川崎-柏】【予想1,2】
監督が変わるとこうもサッカーが変わるものかと驚かされた川崎。元々殴り合いが得意なチームなので、多少の失点には目を瞑って攻撃してもらえると見ているほうは楽しい。一方、昨年のJ1王者である柏は狂った歯車が元に戻りきれない様子。川崎シングルでも面白いかもしれないが、柏の底力を見切れず二股で勝負。

【広島-横浜M】【予想1】
横浜Mが3連勝。いずれの試合も失点はしているが複数得点で勝ちきっている。低迷したチームを変えたのは技術的な問題よりもハート。そのハートの部分が3連勝で希薄になっているだろう、と予想し、一定のパフォーマンスを保っている広島で勝負する。

【清水-C大阪】【予想1,0】
堅守で2位まで上がってきた清水。不安視されていた決定力も大前の覚醒により解消気味。攻守において昨年や一昨年と比較しても大幅にスケールダウンしているC大阪相手なら負けはないだろう。

【浦和-新潟】【予想1】
過去の対戦成績、以上。

【G大阪-仙台】【予想0,2】
開幕前にG大阪ホームでG大阪に印を付けないなんて事を想像しただろうか。西野監督が率いたG大阪は良くも悪くも外国人ストライカーをどう活かすか、だった。しかし松浪監督は日本人ストライカーの発掘に着手。嵌れば面白い存在だろうパウリーニョ・ラフィーニャに全幅の信頼を置かないようだ。外国人ストライカーのいないG大阪は昨年までのG大阪とは違う。消去法で仙台寄りのダブル。

【湘南-大分】【予想1】
湘南サポの意地。

【神戸-名古屋】【予想2】
名古屋シングル。ストイコビッチ体制になって以降でこんなに勝っていない名古屋は記憶に無い。なぜか神戸が穴人気っぽい支持率を集めているが、普通にやれば名古屋が勝つだろう。


今節、二股予想は2試合のみ。totoの二股なら泣いて謝らなくてもイイよね☆



toto,totoBIG みんなの予想はこちらから

 ←ブログランキング参加中。皆さんのご協力お願いします。



FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。