キャリーオーバー

キャリーオーバー発生中!
6月30日(土)締め切り
totoBIG 第576回 4,823,478,405円

プロフィール

Taku

書いている人:Taku
基本的にはtoto・minitotoは各2000円以内での購入を公表。BIGとminiBIGとtotoGOALは毎回1口だけ購入しています。

にほんブログ村 サッカーブログ totoへ
人気サイトが大集合toto Ranking!

スポーツブックで稼ぐ男
MLB、NFL、サッカーなどのスポーツに投資して稼ぐプロギャンブラーのブログです

当たらなくても得するtotoの買い方

【サッカーブログ】monosoccer

Live score

Jリーグ 順位表

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2012年J順位予想】 優勝は名古屋、ダークホースは神戸。【J特】

あけましておめでとうございます(遅)

さぁ、本日から2012年のtotoが発売開始。今年もあっという間に開幕ですね。

まずは当たらない順位予想からスタートです。


【過去の順位予想実績】
2007年 1位浦和、2位川崎、3位G大阪 と予想して優勝は鹿島。
2008年 1位浦和、2位川崎、3位G大阪 と予想して優勝は鹿島。
2009年 1位清水、2位鹿島、3位川崎 と予想して優勝は鹿島。
2010年 1位鹿島、2位名古屋、3位G大阪 と予想して優勝は名古屋。
2011年 1位G大阪、2位鹿島、3位柏 と予想して優勝は柏。

昨年はそんなに悪くない順位予想でしたが、それでも5年連続の不的中。今年こそは…


【1位 名古屋】
ストイコビッチ監督5年目になる今シーズン。甲府からダニエル、神戸から石櫃が加入したがそれ以外では特に大きな変更は無し。上位陣の中で昨年と変わらない戦いができそうなチームは名古屋だけ。ケネディ、玉田、永井といった違うタイプのFWを揃える攻撃陣は計算ができるし、闘莉王も健在。独走もありえる。

【2位 鹿島】
G大阪同様に1つのサイクルが終わった鹿島。攻守のバランスが良い事は認めるが、突き抜ける感じでは無い。昨年不在だったフィニッシャーとしてジュニーニョを獲得した事はプラス。ACL不参加なのでスケジュールが有利な点も好材料。

【3位 柏】
昨年はJ1復帰即優勝の快挙を成し遂げた柏だが、今年はACLが入ってくる為昨年同様のパフォーマンスが維持できるかというと疑問。リーグとACL、どちらに軸足を置くかによっても結果は変わってくるだろう。リカルドロボには期待したい。

【4位 G大阪】
今野の加入はプラス材料だが、監督が未知数すぎる。西野時代が終わり即優勝なんて事は難しいはず。遠藤が離脱した瞬間にチームが成り立たなくなる可能性もあり、優勝候補には推せない。サイドからの攻撃を牽引していたイグノ、宇佐美がいなくなった事で、ラフィーニャの負担も増えそう。

【5位 神戸】
おいおい、5位神戸は狙いすぎだろ?と言われるかもしれないが至って真面目。田代・野沢の鹿島コンビに加え橋本・高木をG大阪から、クロアチア帰りの伊野波も加入。特に中盤でタメを作れる橋本とポストプレーができる田代は大活躍の予感。橋本→田代→大久保のゴールなんてシーンが多く観られるかも。昨年とは別のチームになってしまいそうだが、序盤を乗り切れば台風の目になる可能性は十分。

【6位 浦和】
ペトロビッチ監督の3-4-2-1に慣れるまでは時間がかかりそうだが、もともと選手層も厚く、お家騒動さえ無ければ降格争いに巻き込まれるようなチームでは無い。槙野、阿部あたりはすんなり溶け込めそうなイメージもあり、マルシオリシャルデスの出来次第ではACL圏内もあるのでは。

【7位 仙台】
昨年は4位と大躍進。目立った補強も無く、戦力は横ばいか。監督も変わらず継続できるチームの一つではあるが、昨年程のモチベーションを保つ事は難しく、大崩れは無いだろうが、優勝争いできる程でも無い。得点パターンはサイドからのアーリークロスがメインであり、対戦チームも対策を練ってくるだろう事を考えれば、昨年より得点力が大幅に低下する恐れもある。

【8位 磐田】
前田が計算できる上に金園や山崎あたりも力を付けてきており、昨年や一昨年に比べると戦力はアップしている。若いチームなので勢いに乗れば上位進出もあるか。今年1月の段階で移籍の噂があった前田・駒野の残留が最大の強み。

【9位 C大阪】
正直判らないチーム。クルピ監督のサッカーを継承しそうだが、夏には清武が海外移籍しそうで…。新外国人が一昨年のアドリアーノのように得点できれば面白そうだが、昨年のピンパォンのようなら下位に沈むかも。

【10位 清水】
ゴトビ体制2年目。今年もまだチーム作りに専念する年か。フロントがどこまで我慢できるか。ゴトビと心中する覚悟ならそれほど悪い結果にはならないと思うが。

【11位 広島】
李の穴が埋まるか。若手が多いチームなので一気に上位進出もあり得るが、何となく地味なんだよなぁ…。槙野・柏木が広島にいれば面白いチームになったんだろうなぁ…。

【12位 F東京】
広島、C大阪、柏と、ここ3年続けて昇格チームの躍進が目立つ。今年その期待を担うのはF東京。しかし例年の昇格チームと違うのはACLがある事。今野が残っていればもう少し上の順位に推せたのだが。

【13位 横浜M】
マルキーニョス次第。樋口監督は木村和司前監督より凡将だと思っており、中位から下位に沈む可能性十分。中澤・中村俊輔の劣化次第では降格までありえる。

【14位 大宮】
毎年可能性を感じる補強でサポーターを期待させる大宮だが、結局毎年同じ結果。降格はしないけど一桁順位も無い。

【15位 川崎】
相馬監督に不信感。昨年は攻守のバランスを掲げ上位を目指したものの、結局どっち付かずになり迷走。新外国人3人が嵌れば上位進出もありえるが、3人ともダメだと昨年の夏のような大連敗も。

【16位 新潟】
毎年危ないと言われながら、かなり楽にJ1残留を繰り返している新潟。しかし今年は…。チョヨンチョルが抜けブルーノロペスにマークが集中しそう。復帰の矢野、G大阪から加入の平井あたりが爆発しないと厳しい。

【17位 札幌】
石崎監督はJ1でも堅守速攻で残留を目指すらしい。J2に比べ圧倒的に押し込まれる時間が多い中でどれだけ我慢ができるか。少ないチャンスを得点に繋げる事ができる圧倒的なストライカーがいない為、無得点での敗戦が多くなりそう。

【18位 鳥栖】
一昨年の湘南、昨年の福岡、そして今年は鳥栖か…。



J2は京都が本命。徳島、東京V、甲府あたりが2位争いか。ダークホースは山形。前評判の高い千葉は5位くらいまで、我らが湘南は10位前後、と予想。


toto,totoBIG みんなの予想はこちらから

 ←ブログランキング参加中。皆さんのご協力お願いします。



スポンサーサイト

コメント

開幕予想

昇格組って1チームくらい毎年旋風を起こしているようなイメージがあります。
鳥栖・札幌・FC東京の中で、以外と鳥栖辺りかなという予感がします・・。

>ブックメーカーさん

はじめまして。コメントありがとうございます。
鳥栖・・・正直わからないです。戦力&予算だけ見ると圧倒的に厳しいので最下位予想にしていますが、豊田の活躍次第では面白い存在になるかもしれませんね。ホームではそこそこの成績を残す可能性もあり得るので、totoの際は注意してみようと思います。

新潟は去年より充分戦力がアップしてると思いますが?
ヨンチョルの抜けた分と指摘してますがむしろ左一辺倒の攻撃からバランスが良くなったように思われます

>ななな さん
はじめまして。コメントありがとうございます。

新潟に関しては選手層の薄さを懸念材料とし評価を落としました。一昨年、昨年と主力(特に外国人選手)にケガ人が出ると勝率が極端に落ちる事を考慮しています。

ただ、私は昨年も新潟を降格候補としながらもしっかり残留しています。あくまで「予想」として楽しんでいただければ幸いです。

今季のとても期待できるから、絶対に上位やACL圏内入れると思います。新潟の下位はないです。
自分は、降格圏内に入りそうなのは昨年と同じで浦和が入りそうだと思います。
浦和監督は元広島の監督になったけど、すぐに低迷期を脱出するのは、不可だと思います。

>大好きアルビサポさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
新潟を降格候補に挙げているので不快な想いをさせたかもしれません。
矢野貴章の復帰やルーキーの鈴木など楽しみな選手はたくさんいます。今までは放出(強奪?)される事が多かった新潟ですが、今年は加入選手への期待も高いのではないでしょうか。
ただ、エジミウソン・リシャルデスを擁した過去最高順位の6位を上回る事はかなり難しいと考えています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://totobig.blog103.fc2.com/tb.php/534-46a25b70

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。