キャリーオーバー

キャリーオーバー発生中!
6月30日(土)締め切り
totoBIG 第576回 4,823,478,405円

プロフィール

Taku

書いている人:Taku
基本的にはtoto・minitotoは各2000円以内での購入を公表。BIGとminiBIGとtotoGOALは毎回1口だけ購入しています。

にほんブログ村 サッカーブログ totoへ
人気サイトが大集合toto Ranking!

スポーツブックで稼ぐ男
MLB、NFL、サッカーなどのスポーツに投資して稼ぐプロギャンブラーのブログです

当たらなくても得するtotoの買い方

【サッカーブログ】monosoccer

Live score

Jリーグ 順位表

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2009年J順位予想】 毎年はずしまくってますが今年は当てます

一昨年は1位浦和、2位川崎、3位G大阪と予想して優勝は鹿島。
昨年も1位浦和、2位川崎、3位G大阪と予想して優勝は鹿島。

どんだけ鹿島を軽視してんだ、と。

今年の自分は違います。固定概念を捨てピュアな気持ちで順位予想。


【1位 清水】
えっ?という声も聞こえてきそうですが、本気です。新加入のヨンセンはある程度計算できますし、岡崎・原・永井というFW陣はJでもトップクラスの布陣。元々中盤にはタレントが揃っているチームなので、昨年以上の得点は期待できます。
問題はDF高木の穴。高木はここ数年、清水のDFを支えてきた選手なので、痛い事には間違いないです。これに青山がケガでもしようもんなら、ボロボロになりかねません。
そんな守備陣のリスクを差し引いても、5年目になる長谷川監督の継続性、昨年後半の勢いを考えて清水を推します。

【2位 鹿島】
変わらない事の強み、戦術浸透度の高さ、オリヴェイラ監督の戦術眼など、鹿島の3連覇の可能性は十分、と言いたいところ。問題はACLです。過密日程になる事に加えて、鹿島としてはACLのタイトルは是が非でも欲しいタイトル。ACLを獲りにいった結果、リーグ戦で取りこぼしが出る、そんな可能性もありえます。

【3位 川崎】
関塚監督が復帰し、今年こそタイトルを!と意気込む川崎。テセ+3人のブラジル人による攻撃は今年も爆発するでしょう。去年もフッキ問題が無ければ優勝してたかもしれませんしね。鹿島同様ACLがある為、割引は必要です。

【4位 浦和】
戦力的には申し分無いですが、良くも悪くもポンテ次第かな、と。フィンケ監督の手腕には注目です。

【5位 神戸】
マルセウ、アラン・バイーアといった外国人選手の評価が高いです。2年目になる金南一が昨年以上の働きをすれば、サプライズはあるかもしれない、楽しみなチームです。あ、宮本は広告塔としては期待してますが、選手としてはそれほど期待していません。

【6位 G大阪】
大型補強をしてますが、バレーが暴れた昨年までよりもコンパクトにまとまってしまいそうな気が…。選手層は厚いので、多少のケガ人では大崩れしないとは思いますが、チームとしてのまとまりが出るまで時間がかかりそうです。

【7位 名古屋】
ACLを戦うにしては選手層が薄いかな、という気がしてます。

【8位 広島】
【9位 FC東京】
【10位 横浜M】
【11位 千葉】
【12位 大分】
【13位 磐田】
【14位 京都】
【15位 柏】
【16位 新潟】
【17位 大宮】
【18位 山形】

残留争いで見ると、さすがに山形は厳しいと思います。下手したら一昨年の横浜FCくらいの勝ち点しか取れない可能性もあるかもしれません。
その他、大宮、新潟も戦力的に辛いかなぁ、と。実は昨年4位と躍進した大分も戦力的には降格まで有りえる、と思ってます。あの戦力でどこまでできるのか、シャムスカ監督に注目です。今年から3チームが自動降格することで、残留争いは例年よりヒートアップしそうですね。



続いてJ2。
J2は昇格しなければいけないメンバーが揃っているC大阪が中心。そこに降格組の札幌、昨年惜しくも入れ替え戦の末J1昇格を逃した仙台が加わり、3強といったところでしょうか。
東京V、福岡、湘南にも昇格のチャンスはあり。6チームで3つの椅子を争うって考えると、実は競争率低いんですよね。


順位予想はしてみましたが、昨年はこの順位予想に縛られすぎてtotoで大分や名古屋を買えませんでした。だから今年は、毎節毎節、その時点でのチーム状態を見極めて予想します。


toto,totoBIG みんなの予想はこちらから

 ←ブログランキング参加中。皆さんのご協力お願いします。




スポンサーサイト

コメント

お久しぶりです!
清水ですか~。ちょっと意外でした。
やはり昨年の上位チームが、優勝争いにはなると思いますが、ACLの経験のないチームや選手層の薄いチームはきついのでしょうね。
そうなると、浦和あたりが戦術が浸透してきて、夏ごろに抜け出すか!
でも、本命は鹿島!対抗浦和!期待のチームは京都です。
今シーズンもがんばりましょう!

>あるふさん
今年もよろしくお願いします!

昨日の鹿島-浦和を観ましたが、鹿島は強いなぁ、という印象。あれで小笠原・中田が復調してきて、控えに田代・大岩までいるって考えると、ACLあっても大崩れしなさそうですね。唯一の弱点になるだろうと思っていた青木がケガした場合も本山でカバーできそうですし。

浦和は高原が15点取れるくらいの復活を遂げれば…と思っていたのですが、交通事故起こしているようじゃ今年もダメかな。

京都は良い選手揃ってますね。柳沢、日本代表に呼んでくれないかなw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://totobig.blog103.fc2.com/tb.php/182-b47eccc0

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。