キャリーオーバー

キャリーオーバー発生中!
6月30日(土)締め切り
totoBIG 第576回 4,823,478,405円

プロフィール

Taku

書いている人:Taku
基本的にはtoto・minitotoは各2000円以内での購入を公表。BIGとminiBIGとtotoGOALは毎回1口だけ購入しています。

にほんブログ村 サッカーブログ totoへ
人気サイトが大集合toto Ranking!

スポーツブックで稼ぐ男
MLB、NFL、サッカーなどのスポーツに投資して稼ぐプロギャンブラーのブログです

当たらなくても得するtotoの買い方

【サッカーブログ】monosoccer

Live score

Jリーグ 順位表

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第555回 toto・minitoto予想 『ドロー多めのギャンブル予想。』

まだ肌寒い中花見なんぞをやってきました、toto予想ブログへようこそ。…桜咲いてませんでした。

G大阪・鹿島といった強豪が開幕3連敗というまさかのスタート。一方で昇格組のF東京とあくまでダークホース的存在として扱われていた仙台が3連勝。今年も混戦になりそうですね。

<データ・過去5年>
開幕3連敗のチームの4試合目 3戦3敗
過去5年で3チームしか無かった開幕3連敗が今年は鹿島・G大阪・新潟と3チームも。

開幕3戦勝ち無しのチームの4試合目 23戦5勝6分12敗
思っていたよりも健闘していますが、アウェイ限定だと7戦1勝1分5敗
まだ勝ち星の無いアウェイの札幌が勝つのは厳しいって事ですかね。

555_A.gif

【大宮-名古屋】【予想2】
前節の仙台戦は、開幕2戦攻撃の起点として活躍していたカルリーニョス不在が響いた大宮。今節は復帰の予定らしい。しかし相手の名古屋には相性が悪くホームで連敗中。暖かくなり徐々に調子が上がってきそうなケネディが本来の力を発揮できれば名古屋で問題無し。

【F東京-広島】【予想1,2】
F東京はアーリアの出場停止が響くか、それとも関係無いか。権田の絶好調は続くのか、それともそろそろミスをするのか。どちらに転んでもドローの目は考えにくく、2-1,1-2といった点の取り合いでの決着必至と読んだ。

【浦和-川崎】【予想1,0】
両チームともリーグ戦2勝1敗。ただし川崎は開幕3連敗の鹿島と新潟に勝っただけ。川崎のアウェイの脆さも考慮し浦和寄りのダブル。とはいえ浦和を絶対的に信用するのも危険だが。

【磐田-柏】【予想1,2】
柏が人気だがちょっと待て。今年の柏は他チームに研究されている事もあり、昨年終盤のような組織力の発揮ができていない。新加入のリカルドロボもまだまだフィットしていない。前節の清水のようなレアンドロドミンゲスを押さえ込む戦い方を磐田ができれば十分に勝ち目があると考えられる。柏の失点の多さも気になるところ。

【C大阪-仙台】【予想0,2】
当ブログの管理人が予想を苦手としている2チームの対戦。考えれば考えるだけ頭が混乱するので予想を放棄。先週toto2等を当てているウキウキtoto予想さんの予想をパクリました。toto予想ブログとしてのプライド?無いです。

【新潟-G大阪】【予想1,0,2】
今回のトリプルの使い所はここかな、と。過去のデータから開幕3連敗のチームが簡単に勝てるわけでは無い事は判るのだが、今回はその3連敗同士の対戦。G大阪は監督交代の成果が現れるかもしれないし、新潟もホームで気合は入っているだろう。ドローのような気もするが…。

【清水-札幌】【予想1】
過去の対戦成績からも清水が有利。上記のデータからも札幌の勝ち目は薄い。札幌は攻撃の形は作れるもののフィニッシュ前でミスをする場面が多く、守備の堅い清水相手では厳しい戦いになるだろう。スコアレスドローは恐いが清水のシングルで問題無しか。

【横浜M-鹿島】【予想1,0】
チーム状態が共に悪い両チームの対戦、まさに裏天王山。鹿島はジュニーニョを外す決断をしたらしいが、それが吉と出るか凶と出るか。ブレずに大迫・ジュニーニョの2トップで続ければ良いと思うのだが…。新井場の出場停止も地味に痛い。消去法で横浜M寄りのダブル。

【松本-富山】【予想0】
ロースコアになりそうな東海北陸ダービー。いや、今季から「TOP OF 北アルプス」と改称されたそうだ。松本が人気を集めているが、得点力不足が気になるところ。いつもいつも失敗をしているドロー1点勝負。

【鳥栖-神戸】【予想1,0】
鳥栖はまるで高校球児のように全力でプレーする好チーム。神戸も走るチームだが、走りあいなら互角か鳥栖が上。鳥栖の水沼と金が神戸の両サイドバックを押し込むような展開になれば、鳥栖にも勝機ありだと判断。人気の神戸切りのダブルで勝負。

【栃木-千葉】【予想0】
千葉が人気。だが、人気すぎる。千葉のアウェイでの弱さを侮ってはいけない。チーム状態は千葉が圧倒的に上だが、昨年アウェイで人気となってコケた千葉を何度見たことか…。栃木が勝ちきるまではいかないだろう、という安易な読みから今節2つ目のドローシングル勝負。


当ブログ史上過去最高のドローを7箇所マーク。ここまでドローが少なすぎるから、そろそろ反動来るだろうな、と。



toto,totoBIG みんなの予想はこちらから

 ←ブログランキング参加中。皆さんのご協力お願いします。



スポンサーサイト

第554回 toto・minitoto結果 『miniB的中!読みきれた試合が多く収穫あり』

miniB的中、1,052円…  うーん、低配当。
決して本命サイドの予想ばかりではないのに低配当しか当たらないtoto予想ブログへようこそ。

554_B.gif

【仙台-大宮】【予想1,0,2】
いきなりのトリプル使用。リャンの不在を感じさせない仙台の好調っぷりだが、大宮も悪くない。攻撃力では仙台を上回る大宮が先制すれば、どんな展開になってもおかしくない。仙台が先制すれば1-0で仙台か。
⇒【○ 結果1】 前半だけ見れば完全に大宮のペース。大宮が前半で2点取れていれば違う結果になったかもしれないが…。それにしても仙台は縦へ鋭い攻撃をするチームになった。

【広島-鹿島】【予想1】
ナビスコ杯が無かった広島のシングル。鹿島の開幕3連敗というのは想像できないが、それでも広島に分があると読んだ。清水戦では敗れたものの、早い時間でケガ人を出したり、不運な部分もあった。過去の対戦成績ではドローの少ない為、シングルで勝負。
⇒【○ 結果1】 新井場の退場に関してはカワイソウの一言だが、全体を通して広島のペースの試合ではあった。鹿島は攻撃がチグハグ。

【川崎-C大阪】【予想1】
レナト・小松の新2トップに魅力を感じる川崎のシングル勝負。ナビスコ杯を休みここに標準を合わせているだろう中村憲剛からのパスを2トップが決められるか。C大阪はアウェイ連戦。C大阪がアウェイ連戦の2戦目に弱いのは有名な話。
⇒【× 結果2】 完全なる予想ミス。

【神戸-F東京】【予想1,2】
…ここは難しいカード。神戸はG大阪と札幌に、F東京は大宮と名古屋に、共に開幕2連勝。チーム状態を考えればF東京が上か。しかし初めてのACL疲れもあるだろう。決着を信じて両天秤。
⇒【○ 結果2】 神戸ペースの前半だったがF東京がカウンター一閃、先制。神戸は終始プレスを掛け続け中盤を支配するも最後の決め手に欠いた。F東京は権田を中心に堅い守備で無失点。高橋が効いている


【鳥栖-横浜M】【予想1,0】
人気の横浜Mを切ってみる。ホーム連戦の鳥栖とアウェイ連戦の横浜Mという日程的な条件に加え、鳥栖はナビスコ杯で豊田、水沼、呂といった主力を休ませた。横浜Mは中澤、中村といったかつての日本代表スターも今季はパッとせず、衰えかと疑ってしまうようなパフォーマンス。鳥栖はここで勝たないと、どこで勝つのか、と言っても良いほど全てに恵まれた。ロースコアのドローも考慮しダブル。
⇒【○ 結果1】 穴狙いが的中。中盤省略の鳥栖サッカーに横浜Mもお付き合い。中村俊輔のミスの多さ、判断の遅さが際立つ。鳥栖は個々の能力では横浜Mに劣るが、その分を気迫と気合でカバー。決勝点は運も味方したが必然と言えば必然だろう。

【札幌-浦和】【予想0,2】
アウェイの浦和が大人気だが不安はあり。槙野・阿部の加入の効果か守備は安定してきているが、浦和の問題点は得点力。札幌DF陣も大崩れが無さそうなだけに、ロースコア決着の可能性も。そろそろ柏木、原口、梅崎あたりがポコッと点取りそうな気がするが…。
⇒【○ 結果2】 試合内容はほぼ互角だった気がする。札幌に足りないのは決定力。そして浦和は柏木が絶好調だった、という事。柏木はこの試合のようなパフォーマンスを続ける事ができれば日本代表に呼ばれるだろう。地味だが阿部も素晴らしい働き。

【柏-清水】【予想1】
柏の人気を信じるか。YES。ミッドウィークのでACLを戦った柏とお休みだった清水ではコンディションに差があるが、柏ホームなら鉄板扱いしても良いだろう。柏は昨年ホームで無得点だったのはたったの1試合。清水は昨年アウェイで無失点だったのはたったの1試合。清水の得点力に不安がある事と、過去の対戦成績で引き分けが少ない事も考慮しシングル。
⇒【○ 結果1】 前半は手も足も出ない感じだった柏だが、ジョルジワグネルを澤に変えた後半は一変。清水が澤を捕まえきれず、中盤で優位を作る事に成功。さすがネルシーニョといった采配。一方の清水は前半上手く試合を運べていただけに残念な敗戦。

【名古屋-新潟】【予想1】
ダニルソンが出場停止、中村もケガ、と中盤のキーマン2人を欠く名古屋。ACLでオーストラリア遠征もあり、コンディションには一抹の不安も。しかし新潟も札幌含みのアウェイ連戦と主力不在というネガティブ要素あり。双方にマイナス要素がある場合はホームチームが勝つというtotoの鉄則。人気どおりかな、と。
⇒【○ 結果1】 色々と不安要素を抱えた名古屋だったが順当に勝利。楢崎が例のごとくファインセーブで失点を許さず、チャンスを金崎がしっかり決めるという一昨年の王者らしい試合運び。ただ、ケネディがしっかり抑えられると攻撃の手段が無くなる欠点も露呈。永井は速いが怖くない。

【G大阪-磐田】【予想1】
ACLとリーグ戦合わせて公式戦4連敗、今野とマホーン監督の顔から笑顔が消えてしまったG大阪。遠藤の調子が上がってくればチーム状態も上向きにはなるだろうが、それにしても失点が多すぎるのが気になるところ。中澤・明神の状態も微妙との事で不安要素満載。それでも公式戦5連敗って考えにくいよね?という自問自答の結果、G大阪のシングル。miniは両天秤のダブルで。
⇒【× 結果2】 昨年のG大阪をどうイジったらここまで悪くなるのか。攻守のバランスが悪く、特にボールを奪われた直後の守備がバラバラ。攻撃陣もラフィーニャ・パウリーニョの個人技頼みが多く機能せず。マホーン監督から笑顔が消えたどころか、マホーン監督自体が消えてしまった。

【岐阜-大分】【予想1,0】
大分がアウェイで人気だとぉ?そんなの信じない。
⇒【× 結果2】 大分が快勝。岐阜は攻撃の形を作る時間帯もあったが、セットプレーの流れから2失点。決して大分が強いとは思わないが、昨年よりもソツのないチームになっている印象。

【熊本-湘南】【予想1,0】
湘南が開幕4連勝でJ2首位に。早くも「湘南が昇格候補筆頭」などと浮かれた声も出始めているが、ちょっと待て。4試合全てで複数得点だが、一方で4試合とも失点をしているという事実。4試合中3試合がホームだったという事実。昨年の湘南は関西より西のゲームで1勝もできていない(4分5敗)という事実。湘南サポだがま~だ信じられない連勝は4でストップすると読み、心を鬼にして湘南外し。5連勝しようもんなら昇格前祝いで派手に呑んで潰れてやるぞ。
⇒【○ 結果0】 予想通り、湘南の連勝ストップ。アウェイながら思っていたより走れていた湘南だったが、熊本も走っていた。湘南は攻撃時にゴール前に人が殺到するという中田英寿在籍時のような攻撃サッカーを展開するも、前への意識が強すぎて守備の意識が希薄。スケールは違えどG大阪のような感じか。ただ、それで良い。変に守備を意識させて攻守共に小さくまとまるより、今のままの方がJ1昇格の可能性はある。


totoは3試合外しだが、完全に読み間違えたのは川崎-C大阪の1試合。試合を見まくって予想に時間をかける程、精度は上がる。C大阪の試合が当たらない(今年は3予想全敗)のは昨年からの事。C大阪の予想に自信がある方、ご連絡お待ちしております。


BIGは1等的中者無し。キャリーオーバーは約65億円。
totoBIG,BIG1000,miniBIG の公式結果発表

totoは1等40口、約146万円。一方的な人気でコケたのが横浜M・湘南くらいだから低配当となったのも仕方ない。
toto,minitoto,totoGOAL の公式結果発表


toto,totoBIG みんなの予想はこちらから

 ←ブログランキング参加中。皆さんのご協力お願いします。



第554回 toto・minitoto予想 『鳥栖、岐阜、熊本が狙い目。』

春分の日のtotoをすっかり忘れておりました。暖かくなってきて物忘れにも拍車がかかるtoto予想ブログへようこそ。

ミッドウィークにACLあり、ナビスコ杯あり、と波乱の要素が満載。

<ナビスコ杯の疲れは?>
ナビスコ杯お休み…広島、清水
ナビスコ杯主力温存…札幌、浦和、仙台、鳥栖、川崎、磐田
ナビスコ杯全力投球!…新潟、鹿島、神戸、大宮、横浜M、C大阪
ACL…柏、名古屋、G大阪、F東京

554_A.gif

【仙台-大宮】【予想1,0,2】
いきなりのトリプル使用。リャンの不在を感じさせない仙台の好調っぷりだが、大宮も悪くない。攻撃力では仙台を上回る大宮が先制すれば、どんな展開になってもおかしくない。仙台が先制すれば1-0で仙台か。

【広島-鹿島】【予想1】
ナビスコ杯が無かった広島のシングル。鹿島の開幕3連敗というのは想像できないが、それでも広島に分があると読んだ。清水戦では敗れたものの、早い時間でケガ人を出したり、不運な部分もあった。過去の対戦成績ではドローの少ない為、シングルで勝負。

【川崎-C大阪】【予想1】
レナト・小松の新2トップに魅力を感じる川崎のシングル勝負。ナビスコ杯を休みここに標準を合わせているだろう中村憲剛からのパスを2トップが決められるか。C大阪はアウェイ連戦。C大阪がアウェイ連戦の2戦目に弱いのは有名な話。

【神戸-F東京】【予想1,2】
…ここは難しいカード。神戸はG大阪と札幌に、F東京は大宮と名古屋に、共に開幕2連勝。チーム状態を考えればF東京が上か。しかし初めてのACL疲れもあるだろう。決着を信じて両天秤。

【鳥栖-横浜M】【予想1,0】
人気の横浜Mを切ってみる。ホーム連戦の鳥栖とアウェイ連戦の横浜Mという日程的な条件に加え、鳥栖はナビスコ杯で豊田、水沼、呂といった主力を休ませた。横浜Mは中澤、中村といったかつての日本代表スターも今季はパッとせず、衰えかと疑ってしまうようなパフォーマンス。鳥栖はここで勝たないと、どこで勝つのか、と言っても良いほど全てに恵まれた。ロースコアのドローも考慮しダブル。

【札幌-浦和】【予想0,2】
アウェイの浦和が大人気だが不安はあり。槙野・阿部の加入の効果か守備は安定してきているが、浦和の問題点は得点力。札幌DF陣も大崩れが無さそうなだけに、ロースコア決着の可能性も。そろそろ柏木、原口、梅崎あたりがポコッと点取りそうな気がするが…。

【柏-清水】【予想1】
柏の人気を信じるか。YES。ミッドウィークのでACLを戦った柏とお休みだった清水ではコンディションに差があるが、柏ホームなら鉄板扱いしても良いだろう。柏は昨年ホームで無得点だったのはたったの1試合。清水は昨年アウェイで無失点だったのはたったの1試合。清水の得点力に不安がある事と、過去の対戦成績で引き分けが少ない事も考慮しシングル。

【名古屋-新潟】【予想1】
ダニルソンが出場停止、中村もケガ、と中盤のキーマン2人を欠く名古屋。ACLでオーストラリア遠征もあり、コンディションには一抹の不安も。しかし新潟も札幌含みのアウェイ連戦と主力不在というネガティブ要素あり。双方にマイナス要素がある場合はホームチームが勝つというtotoの鉄則。人気どおりかな、と。

【G大阪-磐田】【予想1】
ACLとリーグ戦合わせて公式戦4連敗、今野とマホーン監督の顔から笑顔が消えてしまったG大阪。遠藤の調子が上がってくればチーム状態も上向きにはなるだろうが、それにしても失点が多すぎるのが気になるところ。中澤・明神の状態も微妙との事で不安要素満載。それでも公式戦5連敗って考えにくいよね?という自問自答の結果、G大阪のシングル。miniは両天秤のダブルで。

【岐阜-大分】【予想1,0】
大分がアウェイで人気だとぉ?そんなの信じない。

【熊本-湘南】【予想1,0】
湘南が開幕4連勝でJ2首位に。早くも「湘南が昇格候補筆頭」などと浮かれた声も出始めているが、ちょっと待て。4試合全てで複数得点だが、一方で4試合とも失点をしているという事実。4試合中3試合がホームだったという事実。昨年の湘南は関西より西のゲームで1勝もできていない(4分5敗)という事実。湘南サポだがま~だ信じられない連勝は4でストップすると読み、心を鬼にして湘南外し。5連勝しようもんなら昇格前祝いで派手に呑んで潰れてやるぞ。


湘南の試合を冷静に予想する事ができない癖、治さなきゃなぁ…。


toto,totoBIG みんなの予想はこちらから

 ←ブログランキング参加中。皆さんのご協力お願いします。



第552回 toto・minitoto結果 『totoは読み違いだらけだが、miniBIGが的中』

miniBIG的中~!
552_C.gif

↑クリックすると拡大します。

totoの結果には触れたくないtoto予想ブログへようこそ。

552_B.gif


【鹿島-川崎】【予想1】
打ち合いのイメージが多いこのカード。リーグ戦に限ればどちらかが無得点で終わったのは14戦中2試合しか無く、スコアレスドローは発生していない。ジュニーニョのフィット感に不安が残る鹿島だが、ホーム開幕戦ということで前節より気合の入り方は上。開幕戦で勝利してホッと一息の川崎よりモチベーションは高いはず。支持率56%と人気になりすぎているのは気になるが…。miniは両天秤のダブル。
⇒【× 結果2】 鹿島がまさかの開幕連敗。大迫・ジュニーニョの個々人を見れば悪くはないが、連携不足の感。完全な予想ミス。決勝点となったレナトのFKは鹿島GK曽ヶ端のミスだと思うが、それにしてもレナト&ジェシの新外国人が良い。この2人が安定して力を発揮できるようなら上位進出もあるぞ。

【横浜M-仙台】【予想0,2】
過去の対戦でホームチームが勝った事が無い不思議なカード。開幕戦の横浜Mは昨年までとは違うサッカーを見せた。良く言えばダイナミック、悪く言えば大味。チームの完成度だけで判断しても仙台が上のような気が。不思議なデータも踏まえて仙台寄りで勝負。
⇒【○ 結果2】 横浜Mは昨年までのサッカーに逆戻り。中盤の判断の遅さから何度もボールを失った。自分達のサッカーが確立できている分仙台が勝ったのは当たり前か。

【新潟-大宮】【予想0】
開幕戦を0-1で負けたチーム同士の対戦。お互いに連敗は避けたいはず。とにかくドローが多い対戦なので、勝ち点1ずつ分け合えば良いんじゃね?という安易な発想で0シングルというギャンブルに。
⇒【× 結果2】 ギャンブル失敗。終始試合を支配した新潟だが取れるときに点を取らないとこうなる…という見本のような逆転負け。大宮はカルリーニョスがセンス抜群のパスとポジショニング。ただ、勝つには勝ったが攻撃陣はまだまだ本調子では無い


【磐田-鳥栖】【予想1,2】
鳥栖の開幕戦を観れば「悪くないチーム」という事が判る。アウェイでカウンターが嵌れば…との思いが一瞬頭に過ぎったが磐田のDF陣も悪くない。文頭のオカルトなデータからドローは無しと判断。磐田優勢には違いないが、豊田の一発で0-1なんて事も。迷った結果両天秤で。
⇒【○ 結果1】 鳥栖は先制したまでは良かったが、決定力を欠いたのが残念。豊田の他にスペシャル名FWがいれば面白いのだが…。磐田は逆転勝利も強さを見せ付けたわけでは無い。前田が不調な状態で勝ち点を稼げるのは大きいが。

【神戸-札幌】【予想1】
ここは順当のような気がする。野沢・橋本といった新戦力のおかげで大久保が「ゴールゲッター」としての役割に集中でき、チーム全体の献身的な攻守の切替も昨年以上。シングルで問題無し。
⇒【○ 結果1】 ここも順当な結果。早い時間の失点でも慌てない神戸にはビックリ。札幌もノース・奈良のCBコンビは安定しており悪くない。奈良が早い時間にイエローカードを貰ってしまったのが残念。

【浦和-柏】【予想1,2】
広島に得点差以上の惨敗を喫した浦和だが、今節はポポが先発の可能性大。チーム作りの最中だけに過度の期待は禁物だが、チーム全体のポテンシャルの高さは柏にヒケをとらない。とはいえ昨年の最終戦だけ観れば完成度は柏が上。ダブルで。
⇒【○ 結果1】 浦和・阿部がレアンドロドミンゲスを完璧に封じた。先発メンバーを開幕戦から変えてきた作戦も当たり、あの柏をシャットアウト。柏は全体的に昨年よりも連動性が無く、新加入のリカルドロボも機能していない。

【C大阪-G大阪】【予想0,2】
大阪ダービー。両チームともイマイチ強さが測りきれない。C大阪は清武・扇原・山口といったU23代表がミッドウィークに試合をしている点が不安材料。一方のG大阪も昨年までとは違う中盤の構成に不安はあるものの、神戸・C大阪の関西勢に連敗するだろうか?相性も考慮しG大阪寄りのダブル。
⇒【× 結果1】 読み間違い。G大阪がここまで酷い状況とは…。

【清水-広島】【予想1,0】
相性。昨年は広島が清水に2連勝したが、得点者はムジリ×2、李×2、ボスナー(OG)と、今年の対戦では誰もいない。名古屋相手に負けはしたが、昨年よりは攻守共に上昇気配の清水寄りのダブル。
⇒【○ 結果1】 得点力不足が懸念されていた清水が2得点。前後半の開始早々に1点ずつという理想的な得点の獲り方。守りに入った終盤に失点した点とカードをもらいすぎている点は気になるが、大崩れは無さそうな守備。広島は開始早々の石原のケガでゲームプランが崩れたか。

【F東京-名古屋】【予想1,2】
わからない。何が起きてもおかしくない。名古屋はケネディが本調子の出来には程遠く、玉田・藤本あたりも前節ケガで途中交替しており、この試合でどこまでできるかが未知数。F東京は名古屋に対して相性も良く、勝ちきってしまう可能性もある。
⇒【○ 結果1】 F東京が開幕2連勝。ルーカス以外も点が取れることを証明した。梶山が絡むと中央・両サイドにボールを散らせる為、名古屋は守備がやりずらそうな雰囲気。楢崎やダニルソンのミスはあったがF東京の完勝と言ってよいだろう。試合終了間際には米本・平山を使ってみる余裕も。

【甲府-愛媛】【予想0,2】
波乱を期待。どこの予想サイトを見ても「甲府・甲府・甲府」。そりゃ甲府の攻撃陣はJ2でも屈指だが、一方の愛媛も守備をしっかりと整えてきた。75%を超える支持率程甲府が圧倒的に強いわけじゃない。ちょっと無理があるが甲府ハズシで勝負。
⇒【× 結果1】 結局は甲府。愛媛はDFラインからFWまでをコンパクトにし甲府攻撃陣に自由を与えなかったが、結局は高崎・ダヴィの個人に負けた。甲府のFWはJ2ならトップクラス。

【千葉-横浜C】【予想1】
どこかに波乱が無いか、何度も何度も考えた。しかしこのカードだけは千葉に穴が見当たらず。ホームの千葉が快勝する図しか思い浮かばない。
⇒【○ 結果1】 千葉がボールを持った時に横浜Cの動きが鈍すぎる。フィジカルの調整ができていないのか、チームとしての守り方がルール化されていないのか。千葉快勝で横浜Cの岸野監督が解任。妥当かな。


miniBIGは【鹿島-川崎】と【C大阪-G大阪】の2試合外しでの3等でした。共にドローなら1等だったんですけど、残念。


BIGは1等2口6億円。キャリーオーバーは約59億円。
totoBIG,BIG1000,miniBIG の公式結果発表

totoは1等14口、約450万円。引き分け無しなのでこんなもんか。
toto,minitoto,totoGOAL の公式結果発表


toto,totoBIG みんなの予想はこちらから

 ←ブログランキング参加中。皆さんのご協力お願いします。



第552回 toto・minitoto予想 『開幕2戦目は荒れる傾向。』

開幕2戦目は波乱が起きると言いながら早5年。波乱が起きるという事だけは当て続けているtoto予想ブログへようこそ。

※過去6年、開幕2戦目のtotoの結果をみると…toto1等は無し・1口・1口・1口・無し・無し と大荒れ気味。
※過去6年、開幕戦ホームゲームで引き分けたチームは14チーム。そのチームの第2節は6勝8敗。引き分け無し。今回は鳥栖・札幌・柏が該当。

毎年2戦目はなぜ荒れるのか・・・判りません。推測ですが、現時点では力関係の序列が不明で「昨年の実績」や「開幕戦の結果」で支持率が決まってしまうから。昨年上位のチームが本当に強いのか、昇格チームが本当に弱いのか、見極める材料が少なすぎるのが原因ですかねぇ…。

552_A.gif

【鹿島-川崎】【予想1】
打ち合いのイメージが多いこのカード。リーグ戦に限ればどちらかが無得点で終わったのは14戦中2試合しか無く、スコアレスドローは発生していない。ジュニーニョのフィット感に不安が残る鹿島だが、ホーム開幕戦ということで前節より気合の入り方は上。開幕戦で勝利してホッと一息の川崎よりモチベーションは高いはず。支持率56%と人気になりすぎているのは気になるが…。miniは両天秤のダブル。

【横浜M-仙台】【予想0,2】
過去の対戦でホームチームが勝った事が無い不思議なカード。開幕戦の横浜Mは昨年までとは違うサッカーを見せた。良く言えばダイナミック、悪く言えば大味。チームの完成度だけで判断しても仙台が上のような気が。不思議なデータも踏まえて仙台寄りで勝負。

【新潟-大宮】【予想0】
開幕戦を0-1で負けたチーム同士の対戦。お互いに連敗は避けたいはず。とにかくドローが多い対戦なので、勝ち点1ずつ分け合えば良いんじゃね?という安易な発想で0シングルというギャンブルに。

【磐田-鳥栖】【予想1,2】
鳥栖の開幕戦を観れば「悪くないチーム」という事が判る。アウェイでカウンターが嵌れば…との思いが一瞬頭に過ぎったが磐田のDF陣も悪くない。文頭のオカルトなデータからドローは無しと判断。磐田優勢には違いないが、豊田の一発で0-1なんて事も。迷った結果両天秤で。

【神戸-札幌】【予想1】
ここは順当のような気がする。野沢・橋本といった新戦力のおかげで大久保が「ゴールゲッター」としての役割に集中でき、チーム全体の献身的な攻守の切替も昨年以上。シングルで問題無し。

【浦和-柏】【予想1,2】
広島に得点差以上の惨敗を喫した浦和だが、今節はポポが先発の可能性大。チーム作りの最中だけに過度の期待は禁物だが、チーム全体のポテンシャルの高さは柏にヒケをとらない。とはいえ昨年の最終戦だけ観れば完成度は柏が上。ダブルで。

【C大阪-G大阪】【予想0,2】
大阪ダービー。両チームともイマイチ強さが測りきれない。C大阪は清武・扇原・山口といったU23代表がミッドウィークに試合をしている点が不安材料。一方のG大阪も昨年までとは違う中盤の構成に不安はあるものの、神戸・C大阪の関西勢に連敗するだろうか?相性も考慮しG大阪寄りのダブル。

【清水-広島】【予想1,0】
相性。昨年は広島が清水に2連勝したが、得点者はムジリ×2、李×2、ボスナー(OG)と、今年の対戦では誰もいない。名古屋相手に負けはしたが、昨年よりは攻守共に上昇気配の清水寄りのダブル。

【F東京-名古屋】【予想1,2】
わからない。何が起きてもおかしくない。名古屋はケネディが本調子の出来には程遠く、玉田・藤本あたりも前節ケガで途中交替しており、この試合でどこまでできるかが未知数。F東京は名古屋に対して相性も良く、勝ちきってしまう可能性もある。

【甲府-愛媛】【予想0,2】
波乱を期待。どこの予想サイトを見ても「甲府・甲府・甲府」。そりゃ甲府の攻撃陣はJ2でも屈指だが、一方の愛媛も守備をしっかりと整えてきた。75%を超える支持率程甲府が圧倒的に強いわけじゃない。ちょっと無理があるが甲府ハズシで勝負。

【千葉-横浜C】【予想1】
どこかに波乱が無いか、何度も何度も考えた。しかしこのカードだけは千葉に穴が見当たらず。ホームの千葉が快勝する図しか思い浮かばない。


toto,totoBIG みんなの予想はこちらから

 ←ブログランキング参加中。皆さんのご協力お願いします。



【ロンドン五輪予選vsバーレーン】 『いざ、ロンドンへ!』

仕事で前半観れず→後半3分からTV観戦スタート!→後半5分に緊急地震速報→後半15分過ぎまでNHKで地震情報をチェック→後半16分から再観戦。

U-23日本代表の得点を2点ともリアルタイムで見ていません、toto予想ブログへようこそ。

地震で揺れる国立競技場、ビビるバーレーンの選手達、日本ゴール!の流れを想像すると何とも複雑な気分ですが、何はともあれ無事ロンドン行きの切符を確保しました。

2012/03/14
ロンドン五輪アジア最終予選
U-23日本20-00U-23バーレーン
2-0
得点者
扇原貴宏
清武弘嗣
時間
55min
59min
得点者
created by :TextMatchReport :more_info


・前半はセルジオ爺もご立腹な内容。変に縦へ急ぐパスが多く、結果としてボールが落ち着かない展開に。

・右サイドで酒井&清武が絡むと「なんとなく良い攻撃」ができるが、フィニッシュまでには至らず。

・山口、扇原のボランチが素晴らしい動き。山村とは何だったのか。

・比嘉の良さがイマイチわからない。1vs1もそんなに強く無いし、クロスも雑だし…。

・なんて思っていたら比嘉→原口の連携で左サイドを突破、最後は扇原が飛びこんできてゴール!扇原のスペースへの飛び出しは見事。

・2点目も左サイドから。原口→東と繋がり中央で潰れた大津の後から清武がゴール!

・1点目も2点目も空いたスペースを使った同じような得点。言い換えればバーレーンにそのスペースを埋める事ができる選手がいなかったって事か。

・関塚監督のインタビュー直後には恒例の水ぶっかけ。4年前に比べると感動は少なめだった。

・水ぶっかけの際、マイクスタンドが倒れた。必死の形相でマイクをかばおうとしていた関係者。

・最後は赤いユニホームで場内1周。赤ユニは見慣れていない分、新鮮。

・赤いユニホームでロンドン五輪を戦うらしいが、相性はサムライレッドとかなっちゃうんだろうか。

・明日からオーバーエイジ枠の論争がはじまるんだろうなぁ・・・と思うと少しウキウキ。

・沢登さんはオーバーエイジ枠の注目選手として「遠藤・闘利王・本田」と言っていましたが、私個人的には「ハーフナー・長友・CB誰か」 香川・宮市が入ることを考えるとFWと左SBとCBを補強できれば面白いかと。


これでロンドン五輪までの楽しみが増えましたね。


toto,totoBIG みんなの予想はこちらから

 ←ブログランキング参加中。皆さんのご協力お願いします。



第551回 toto・minitoto結果 『波乱の開幕、J1昇格チームは健闘。』

toto9試合的中という中途半端な結果がもはやデフォルト化しているtoto予想ブログへようこそ。

相変わらず【0】を買う場所を間違っている。今年はこの課題に全力で取り組まないと…。


551_B.gif

【仙台-鹿島】【予想1,0】
鹿島が人気。仙台は梁がケガで出場できない事もマイナス要因。過去の対戦成績も鹿島が有利。だが、本当に鹿島で良いのだろうか。あの東日本大震災から1年が過ぎた。仙台は昨年高いモチベーションを保ち1年間戦い、被災地の方々に勇気を与え続け、J1で4位という好成績を残した。節目のホームゲーム。時に想像の付かないような力が働くのがサッカーというスポーツ。仙台の負けは無い。
⇒【○ 結果1】 仙台が1-0勝利。内容的には互角も選手交替のタイミングを含め鹿島は後手に回ってしまっていた。GK林の奮闘もあり、仙台お得意の無失点ゲーム。鹿島は大迫・ジュニーニョはそこそこの出来も、中盤の構成が微妙。

【名古屋-清水】【予想1】
順当なら名古屋シングルで良いのだろう。清水は得点力に疑問はあるが守備は堅そう。ロースコアのドローも頭に浮かんだが…。totoは名古屋シングル、miniはダブル。
⇒【○ 結果1】 ケガ人続出ながらPKによる1点で勝利した名古屋。こういうゲームで勝ち点3を取れるのは大きい。玉田、藤本らのケガの具合が気になるが…。清水は守備陣は安定していたが、攻撃の迫力に欠けた。

【G大阪-神戸】【予想0,2】
ACL初戦でホーム惨敗のG大阪。新加入の今野もまだまだの出来で、何より監督が不安すぎる。神戸も新加入選手が多く連携に不安要素はあるものの、嵌れば面白い存在。G大阪の支持率62%は少し高すぎだろうと思うのだが…。
⇒【○ 結果2】 神戸は野沢のいう最高のフリーキッカーを手に入れた事で、セットプレーの弱さを払拭。運にも助けられた3得点だったが、その運を掴んだのは各選手が与えられたミッションを完遂していたからだろう。大久保の目の色が昨年までとは違う。G大阪のマホーン新監督はどこまで選手の特性を把握しているのだろう?と勘ぐってしまう選手起用と内容。

【広島-浦和】【予想0,2】
昨年までペドロヴィッチ監督が率いていた広島と、今年からペドロヴィッチ監督が率いる浦和。李の移籍により佐藤寿人に負担がかかりそうな広島に比べ、浦和は槙野・阿部・ポポと的確な補強ができている。浦和が優勢と読んだ。
⇒【× 結果1】 広島・新加入の石原が思ったよりフィット。浦和はU-23世代の原口&山田直にキレが無く、結果的に田中達が孤立。1-0という得点差以上にチーム力に差があった。完全な読み間違い。

【鳥栖-C大阪】【予想2】
今節のJ1、鉄板試合はここ。鳥栖は開幕戦に弱く、初のJ1ということで苦しい戦いになるはず。C大阪はプレシーズンマッチでも好調、殴りあう形になればC大阪に分がある。シングルで十分のはずだ。
⇒【× 結果0】 鳥栖の皆様ゴメンナサイ、甘く見てました。DF陣は悪くなかったし、C大阪ゴールを脅かしたカウンターも一定以上のレベル。C大阪のケンペス、ブランキーニョがチームにフィットしていない事を差し引いても互角以上の戦いができていた。

【札幌-磐田】【予想1,0】
磐田が支持率60%以上を集める人気。磐田といえば開幕戦で昇格チームに勝ち点を献上する事で有名。昨年こそGK川口のファインセーブ連発で甲府を下したが、内容的に圧倒できたかというとそうでもなかった。過去の対戦成績では磐田が圧倒しているが、山崎・金園らのケガでベストメンバーには程遠い。磐田はプレシーズンマッチでも結果を残せていない。1-0、1-1などのロースコアはありえる。
⇒【○ 結果0】 双方攻撃面に課題の残るスコアレスドロー。札幌は磐田GK川口の好セーブに阻まれたものもあったが、相手ゴールを脅かしたシーンは少なく迫力に欠けた。磐田もミスパスでチャンスを潰す等まだまだ本調子にはほど遠い。前田頼みになってしまうと守る方も楽になる。

【川崎-新潟】【予想1】
買い目を絞る為だけの川崎シングル。とにかくドローの少ないカード(過去30回の対戦でドローは1度)で、決着が付くのは間違いない。川崎はジュニーニョ放出による得点力不足が心配だが、新外国人が穴埋めしてくれそうな予感。資金に余裕があるなら両天秤のダブルがオススメ。
⇒【○ 結果1】 期待していた新外国人レナトはまずまずの出来。それよりももう1人の新外国人DFジェシがまさにMOM級の活躍。新潟の攻撃を跳ね返し続けた。

【大宮-F東京】【予想1,0,2】
ここでトリプルを使う。積極的な補強をした大宮と昨年のJ2チャンピオン&天皇杯王者F東京。大宮ホームでF東京が圧倒している事もありF東京に人気が集まっている。ただし、油断は禁物。初のACLということもあり、アウェイゲーム帰りのF東京を信じきってしまうのはどうかと。
⇒【○ 結果2】 F東京GK権田の当たり日。大宮の決定的チャンスを少なくとも2本は防いでおり、一歩間違えれば大宮のワンサイドゲームになりそうな状況を阻止した。明らかに精細を欠いていたラファエルを90分間プレーさせた大宮だが、悪くは無い内容。

【柏-横浜M】【予想1】
1ステージ制となった2005年以降、前年度の優勝チームが開幕戦で負けたことはない。柏は現時点では完成度が高く、ゼロックス、ACLを戦った疲れを考慮しても、横浜Mに負けることは考えにくい。miniではドローも抑える。
⇒【× 結果0】 3-3のドローも柏は3度追いつかれるという昨年では考えられなかった内容。横浜Mはエヒメッシ
改めカモメッシこと齋藤が攻撃のアクセントになっていたが、中村俊輔がブレーキ気味のプレーを連発。それにしても日立柏サッカー場は雰囲気イイのぉ。



J1昇格の3チーム、F東京・鳥栖・札幌は揃って勝ち点獲得。過去のデータにあった(昇格チームがホーム開幕戦&J1開幕戦を共に負けると1年で降格)という条件を3チームとも1発クリア。J1は混戦かなぁ?


BIGは1等1口6億円。キャリーオーバーは約64億円。
totoBIG,BIG1000,miniBIG の公式結果発表

totoは1等3口、約2400万円。そこそこ荒れたがキャリーオーバーにはならず。
toto,minitoto,totoGOAL の公式結果発表


toto,totoBIG みんなの予想はこちらから

 ←ブログランキング参加中。皆さんのご協力お願いします。



第551回 toto・minitoto予想 『ACLによる疲労は有。波乱の予感。』

J1開幕!あらためまして今年も1年お付き合いの程よろしくお願い致します。
totoONEのラブちゃんだけには絶対に負けたくないtoto予想ブログへようこそ。

直前にACLありで波乱の予感。昨年も絶対的な支持を受けていた名古屋・鹿島が開幕戦で勝ちきれないという波乱があり、今年も柏・G大阪・名古屋・F東京の4チームを盲目的に信じるのは危険。

551_A.gif

【仙台-鹿島】【予想1,0】
鹿島が人気。仙台は梁がケガで出場できない事もマイナス要因。過去の対戦成績も鹿島が有利。だが、本当に鹿島で良いのだろうか。あの東日本大震災から1年が過ぎた。仙台は昨年高いモチベーションを保ち1年間戦い、被災地の方々に勇気を与え続け、J1で4位という好成績を残した。節目のホームゲーム。時に想像の付かないような力が働くのがサッカーというスポーツ。仙台の負けは無い。

【名古屋-清水】【予想1】
順当なら名古屋シングルで良いのだろう。清水は得点力に疑問はあるが守備は堅そう。ロースコアのドローも頭に浮かんだが…。totoは名古屋シングル、miniはダブル。

【G大阪-神戸】【予想0,2】
ACL初戦でホーム惨敗のG大阪。新加入の今野もまだまだの出来で、何より監督が不安すぎる。神戸も新加入選手が多く連携に不安要素はあるものの、嵌れば面白い存在。G大阪の支持率62%は少し高すぎだろうと思うのだが…。

【広島-浦和】【予想0,2】
昨年までペドロヴィッチ監督が率いていた広島と、今年からペドロヴィッチ監督が率いる浦和。李の移籍により佐藤寿人に負担がかかりそうな広島に比べ、浦和は槙野・阿部・ポポと的確な補強ができている。浦和が優勢と読んだ。

【鳥栖-C大阪】【予想2】
今節のJ1、鉄板試合はここ。鳥栖は開幕戦に弱く、初のJ1ということで苦しい戦いになるはず。C大阪はプレシーズンマッチでも好調、殴りあう形になればC大阪に分がある。シングルで十分のはずだ。

【札幌-磐田】【予想1,0】
磐田が支持率60%以上を集める人気。磐田といえば開幕戦で昇格チームに勝ち点を献上する事で有名。昨年こそGK川口のファインセーブ連発で甲府を下したが、内容的に圧倒できたかというとそうでもなかった。過去の対戦成績では磐田が圧倒しているが、山崎・金園らのケガでベストメンバーには程遠い。磐田はプレシーズンマッチでも結果を残せていない。1-0、1-1などのロースコアはありえる。

【川崎-新潟】【予想1】
買い目を絞る為だけの川崎シングル。とにかくドローの少ないカード(過去30回の対戦でドローは1度)で、決着が付くのは間違いない。川崎はジュニーニョ放出による得点力不足が心配だが、新外国人が穴埋めしてくれそうな予感。資金に余裕があるなら両天秤のダブルがオススメ。

【大宮-F東京】【予想1,0,2】
ここでトリプルを使う。積極的な補強をした大宮と昨年のJ2チャンピオン&天皇杯王者F東京。大宮ホームでF東京が圧倒している事もありF東京に人気が集まっている。ただし、油断は禁物。初のACLということもあり、アウェイゲーム帰りのF東京を信じきってしまうのはどうかと。

【柏-横浜M】【予想1】
1ステージ制となった2005年以降、前年度の優勝チームが開幕戦で負けたことはない。柏は現時点では完成度が高く、ゼロックス、ACLを戦った疲れを考慮しても、横浜Mに負けることは考えにくい。miniではドローも抑える。


J2は比較的堅めの予想。初日にダブル・トリプルを多めに使ったので、なんとか初日を乗り切りたいなぁ…。


toto,totoBIG みんなの予想はこちらから

 ←ブログランキング参加中。皆さんのご協力お願いします。


第550回 minitoto結果 『miniA的中。まずまずの滑り出し。』

minitotoA的中、1,805円。 今年1発目のminitotoを的中させたtoto予想ブログへようこそ。

「minitotoB外しているから赤字だね。」という声は一切聞こえません、聞きません。

550_C.gif
※↑クリックすると拡大します。

550_B.gif


【水戸-横浜C】【予想1,0】
補強だけなら横浜Cに軍配も、プレシーズンマッチで鹿島と互角の戦いをした水戸を推す。このカードは異様にドローが多いので(34戦中12分)ドローも押さえる。
⇒【○ 結果1】 横浜Cが開始10分で先制も、その後追加点を奪えずにいると、水戸が鮮やかな逆転勝利。師匠鈴木隆行が勝利に大貢献。

【東京V-松本】【予想1】
昇格組の松本だが、ここは相手が悪かった。今年こそJ1昇格争いに加わるだろう東京Vで鉄板。
⇒【○ 結果1】 松本はカウンターこそ鋭いものを見せたが、それ以上でもそれ以下でも無し。順当に東京Vが勝利。

【甲府-栃木】【予想1,0,2】
共に多くの選手が入れ替わったチーム同士の対戦。栃木は昨年キーマンだったリカルドロボがいなくなったのは痛い。とはいえ支持率(甲府55%)通りの決着と安易にいかなさそう。甲府もまだまだ連携を見直している最中、波乱もあるぞ。
⇒【○ 結果1】 波乱は無し。得点差以上に甲府が強かった印象。2得点のダヴィは今年相当やりそうな雰囲気。

【岡山-富山】【予想1,0】
いくら開幕戦とはいえ、この2チームの情報量の少なさには参る。イメージとして岡山はホームで失点が少なく、富山はアウェイ苦手な感じ。すごいアバウトなイメージだけで岡山寄りのダブル。
⇒【○ 結果0】 順当なドロー。シュート数などだけ見ると富山が押していたのか。

【福岡-熊本】【予想1】
福岡有利か。降格したものの昨年末の福岡の戦いぶりだけ観ればJ2なら上位。メンバーがほぼ変わっていない事もあり、コンビネーション面でも問題無し。熊本が守りに入った時のスコアレスドローがコワイが…。
⇒【○ 結果1】 ここも順当。新加入の坂田が結果を出した事は福岡にとって大きい。

【岐阜-鳥取】【予想1,0】
昨年のJ2最下位とブービーの対戦。こんなレアなカードが開幕戦なんて…。岐阜は直前のプレシーズンマッチで磐田に勝っており、その事だけで岐阜寄りの予想。
⇒【○ 結果0】 

【千葉-山形】【予想0,2】
2月26日に行われたちばぎんカップ柏戦を観戦した知人がこんな事を言っていました。「今年のジェフはやるよ。柏に負けたけど崩されての失点じゃないし、新戦力の兵働のボランチがイイね。」 過去2年も「やるよ」って言ってたなぁ…。 データ的には降格組の山形が大量失点する事は考えにくく、DFラインが昨年と変わらない山形の方が面白みはある。
⇒【× 結果1】 予想大ハズレ。千葉が強いのか、山形が弱いのかはまだ判別できないが、山形には昨年の京都のようなニオイも漂う。格上の降格組だが、簡単に勝ちを拾えないかもしれない。

【愛媛-町田】【予想1】
J2の洗礼。愛媛シングルで問題無し。
⇒【○ 結果1】 昨年よりも安定した守備を見えた愛媛が快勝。町田はしばらく時間がかかりそう。

【湘南-京都】【予想0,2】
久保・宮吉の次世代エースが2トップを張る京都が優勢。湘南サポでも湘南の勝利は想像しにくい。でもドローならあるかも…という淡い期待。
⇒【× 結果1】 えっ?湘南が開幕戦勝利ですって?(涙)

【北九州-徳島】【予想1,2】
小林伸ニ新監督を迎え、今年こそ昇格を目指す徳島。主力に大きな変化も無く、新加入の鈴木達也もフィットしてきているとの噂。普通なら徳島シングルで問題無いのだろうが、北九州の三浦泰年が稀代の名将である可能性も。ギリギリまで迷って0を外した両天秤ダブルで。
⇒【○ 結果2】 J2の開幕戦で唯一アウェイ勝利は徳島。こういう所で勝ち点3を取れるのは自信になるだろう。北九州は良いサッカーをするものの駒不足感が否めない。


シングル予想3試合をしっかり当てる事ができたのが収穫。「JFLからの昇格組は点が取れない」のデータも的中しており、まずまずの滑り出し。

miniBは中波乱、1等約7800円。
minitoto,totoGOAL の公式結果発表


toto,totoBIG みんなの予想はこちらから

 ←ブログランキング参加中。皆さんのご協力お願いします。





第550回 minitoto予想 『2012年はJ2対象minitotoからスタート!』

J1より先にJ2がスタート。今年も渾身の予想を垂れ流しする予定のtoto予想ブログへようこそ。

それにしてもJ2の開幕戦にこんなに注目した事無かったなぁ…。判らないなぁ…。

ということで、まずは簡単なデータから。

≪J2昇格チームの開幕戦(過去5年)≫

2011年 鳥取
【徳島 1-0 鳥取】

2010年 北九州
【横浜C 2-0 北九州】

2009年 栃木・岡山・富山
【栃木 0-1 岐阜】
【岡山 0-0 甲府】
【福岡 0-0 富山】

2008年 熊本・岐阜
【愛媛 2-1 熊本】
【甲府 1-1 岐阜】

2007年 昇格チーム無し

*** 7戦 0勝4敗3分 昇格チームの平均得点 0.29点 ***


≪J2降格チームの開幕戦(過去5年)≫

2011年 F東京・京都・湘南
【F東京 1-0 鳥栖】
【水戸 2-1 京都】
【湘南 5-0 岡山】

2010年 柏・大分・千葉
【柏 2-1 大分】
【熊本 1-1 千葉】

2009年 東京V・札幌
【徳島 0-0 東京V】
【札幌 0-1 仙台】

2008年 甲府・横浜C・広島
【甲府 1-1 岐阜】
【徳島 0-2 横浜C】
【草津 0-2 広島】

2007年 福岡・C大阪・京都
【鳥栖 0-5 福岡】
【京都 2-0 札幌】
【C大阪 試合無し】

*** 13戦 7勝3敗3分 降格チームの平均失点 0.54点 ***

昇格組は苦戦。特に点が取れていない事が良く判ります。一方の降格組は堅めの守備で失点が少なめ。降格組同士の対戦となった2010年の柏vs大分を除くと、平均失点は更に下がり0.36点。ふむぅ。

550_A.gif


【水戸-横浜C】【予想1,0】
補強だけなら横浜Cに軍配も、プレシーズンマッチで鹿島と互角の戦いをした水戸を推す。このカードは異様にドローが多いので(34戦中12分)ドローも押さえる。

【東京V-松本】【予想1】
昇格組の松本だが、ここは相手が悪かった。今年こそJ1昇格争いに加わるだろう東京Vで鉄板。

【甲府-栃木】【予想1,0,2】
共に多くの選手が入れ替わったチーム同士の対戦。栃木は昨年キーマンだったリカルドロボがいなくなったのは痛い。とはいえ支持率(甲府55%)通りの決着と安易にいかなさそう。甲府もまだまだ連携を見直している最中、波乱もあるぞ。

【岡山-富山】【予想1,0】
いくら開幕戦とはいえ、この2チームの情報量の少なさには参る。イメージとして岡山はホームで失点が少なく、富山はアウェイ苦手な感じ。すごいアバウトなイメージだけで岡山寄りのダブル。

【福岡-熊本】【予想1】
福岡有利か。降格したものの昨年末の福岡の戦いぶりだけ観ればJ2なら上位。メンバーがほぼ変わっていない事もあり、コンビネーション面でも問題無し。熊本が守りに入った時のスコアレスドローがコワイが…。

【岐阜-鳥取】【予想1,0】
昨年のJ2最下位とブービーの対戦。こんなレアなカードが開幕戦なんて…。岐阜は直前のプレシーズンマッチで磐田に勝っており、その事だけで岐阜寄りの予想。

【千葉-山形】【予想0,2】
2月26日に行われたちばぎんカップ柏戦を観戦した知人がこんな事を言っていました。「今年のジェフはやるよ。柏に負けたけど崩されての失点じゃないし、新戦力の兵働のボランチがイイね。」 過去2年も「やるよ」って言ってたなぁ…。 データ的には降格組の山形が大量失点する事は考えにくく、DFラインが昨年と変わらない山形の方が面白みはある。

【愛媛-町田】【予想1】
J2の洗礼。愛媛シングルで問題無し。

【湘南-京都】【予想0,2】
久保・宮吉の次世代エースが2トップを張る京都が優勢。湘南サポでも湘南の勝利は想像しにくい。でもドローならあるかも…という淡い期待。

【北九州-徳島】【予想1,2】
小林伸ニ新監督を迎え、今年こそ昇格を目指す徳島。主力に大きな変化も無く、新加入の鈴木達也もフィットしてきているとの噂。普通なら徳島シングルで問題無いのだろうが、北九州の三浦泰年が稀代の名将である可能性も。ギリギリまで迷って0を外した両天秤ダブルで。



波乱がありそうなのはB組。いきなりの高配当もありえそう。


toto,totoBIG みんなの予想はこちらから

 ←ブログランキング参加中。皆さんのご協力お願いします。




FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。