キャリーオーバー

キャリーオーバー発生中!
6月30日(土)締め切り
totoBIG 第576回 4,823,478,405円

プロフィール

Taku

書いている人:Taku
基本的にはtoto・minitotoは各2000円以内での購入を公表。BIGとminiBIGとtotoGOALは毎回1口だけ購入しています。

にほんブログ村 サッカーブログ totoへ
人気サイトが大集合toto Ranking!

スポーツブックで稼ぐ男
MLB、NFL、サッカーなどのスポーツに投資して稼ぐプロギャンブラーのブログです

当たらなくても得するtotoの買い方

【サッカーブログ】monosoccer

Live score

Jリーグ 順位表

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アジア杯オーストラリア戦】 優勝! 【J特】

歓喜から一夜、ようやく冷静さを取り戻したtoto予想ブログへようこそ。

おめでとう日本代表!ありがとう日本代表!
  
アジアカップ決勝
日本10-00オーストラリア
0-0
0-0
1-0
得点者
李忠成
時間
109min
得点者
created by :TextMatchReport :more_info


・ザック采配が大的中。消えていた藤本OUT→岩政INは結果的に当たった。李の投入も正解。

・決勝点のシーン、長友のクロスから李のボレーまでの時間の長いこと、長いこと。おもいっきり「フカすな!」と叫べました。

・李のボレーはカッコ良すぎ。変に焦ってトラップせずに、落ち着いたボレー。

・長友のクロスまでの流れもキレイ。CFへ放り込むだけのオーストラリアサッカーに負けなくて良かった。

・しかし、放り込み対策は必要。今回はキューウェルとケーヒルの決定力不足に助けられただけで危ないシーンは多かった。吉田、岩政以外にも高さのあるCBの発掘を求めたい。

・本田△、遠藤の球の出し所を狙ったオーストラリアのプレスがめちゃくちゃ有効だった。これに対応する術は、今の日本にはまだ無い。

・大会MVPは本田△ですか…。違和感はあるが、全員が活躍して取ったタイトルだから、まぁいいか。

・この試合の川島は安心して見れた。

・この試合も長友のスタミナに唖然。延長後半にあの突破ができるとは。サッカーが120分のゲームなら長友はワールドクラス。

・松井のケガで出番を掴んだ岡崎の活躍も特筆もの。松井がケガしなかったらどうなってたんだろう?

・ケガ人やらでベストメンバーが揃わずとも戦えたこと、そして優勝できたことは大きな財産。そして、コンフェデ出場権ゲットも素敵。

・今年の夏のコパアメリカ2011にも招待されている事から、今後の代表強化日程が素晴らしく有意義なものになる。


カタールの成金表彰式も優勝すれば気持ち良く、やりすぎ花火も優勝すれば微笑ましく。

色々な問題はあるにせよ、ザック率いる日本代表、上々の滑り出しです。


ブログ村 totoカテゴリはこちらから

 ←ブログランキング参加中。皆さんのご協力お願いします。


スポンサーサイト

【アジア杯韓国戦】 誤審と日替わりヒーロー。 【J特】

吉田に続き細貝萌(ほそがいはじめ)まで全国区に・・・改めてアジアカップの偉大さを噛みしめているtoto予想ブログへようこそ。

審判の質がアレでしたが、さすがは日韓戦。観ているこちらが熱くなる試合をありがとう、と言いたいです。まぁ、岡崎が倒されて本田が外して細貝が決めたPKは「明らかに誤審」でしたけどね。

岡崎が倒されたシーンのリプレイを見てペナルティエリア外であることを確認しながらも「いいんじゃないすか、中で」と言い切ってしまった松木さん、あんたスゴイ解説者だわ。

アジアカップ準決勝
日本21-12韓国
0-0
1-0
0-1
3(PK)0
得点者

前田遼一
細貝萌
時間
23min
36min
97min
120min
得点者
キ・ソンヨン


ファン・ジェウォン
created by :TextMatchReport :more_info



・正直PK戦になった時には川島を信じることができなかった。ゴメンナサイ。

・本田△にはもうPKは蹴らせない方向でお願いします。遠藤のPKが見たいよ。

・とはいえ本田△は安心して見ていられる。あれだけボール触ってロストが少ない。現時点では一番信頼できる選手。

・個人的にはMOMは長友。スタミナは世界レベル。延長戦での全力疾走には吹いた。

・結果的にPK戦で勝利したとはいえ、韓国を圧倒していたわけでも無く、危ないシーンは多々あった。特に岩政。

・やっぱり決勝戦ではCBは吉田かなぁ…。まさかの永田起用とか。

・サイドから崩せた時の前田のポジショニングやらテクニックやらはサスガ。ただ、中央突破の時の前田は微妙。この辺が改善されれば前田はもっと点が取れる。

・香川OUT→細貝IN、前田OUT→伊野波INで守備的に!というザックの意図は感じられたが、日本には1点を守りきるというイタリアのようなメンタリティは無かった。

・本田△以外に本田がいた。


決勝戦の相手はオーストラリア。開催国カタール、韓国、オーストラリアとガチで試合できるなんて幸せ。そして優勝してコンフェデ出場権取れれば更に幸せ。

チームに一体感がある日本代表。見てて気持ちいい日本代表は久しぶり。「負けた方が良い、苦戦した方が良い」と思わなくてすむ日本代表。これが普通なんだろうけど、それでも嬉しいです。



ブログ村 totoカテゴリはこちらから

 ←ブログランキング参加中。皆さんのご協力お願いします。


【アジア杯カタール戦】 吉田麻也の名が全国区になった日。 【J特】

「麻也って何て読むの?あさや?」なんて人が少なくなって嬉しいtoto予想ブログへようこそ。


今回のアジアカップ開催国であるカタールとの試合は苦しくなることは判っていました。だからこそ結果が全て。内容とか審判とかは二の次で、「開催国のカタールに勝った」という事実に喜びましょう。

吉田麻也という大型DFが今後も代表で活躍できるか否か、そのターニングポイントとなる試合を目撃できた事を喜びましょう。

とはいえ、内容にも言及しないと意味が無いので箇条書きしときますが。

アジアカップ準々決勝
カタール21-13日本
1-2
得点者
セバスチャン

モンテシン
時間
12min
28min
63min
70min
89min
得点者

香川真司

香川真司
伊野波雅彦
created by :TextMatchReport :more_info



・香川の調子が上がってきた模様。1点目は半分以上岡崎のゴールだが2点目の落ち着きっぷりは秀逸。勝負しているのでボールロストが多いのは仕方ない。あとは消えてる時間を減らしてくれれば。

・本田△は良くも悪くもいつものパフォーマンス。本田1トップの方がボールが収まる。岡崎と絡むと得点の気配を感じる。

・遠藤の動きには不満あり。タイプは違うが長谷部との差が大きい。

・前田もこのまま終わっちゃいけない。準決勝に期待。

・っていうか、1人退場して前田がいない方が前線がスムーズになるっていうのはどうかと思う。

・岡崎は本当に覚醒したっぽくてドキドキしちゃう。この試合でも動き出しの良さはNo1だった。

・吉田麻也(よしだまや)の退場は妥当。セバスチャンに1vs1で完敗、高さもスピードも通じず。それでも、もし決勝戦で出場できるようなら出してやって欲しいんですが、どうでしょうザックさん?

・吉田を使って欲しい理由は「闘莉王・中澤のバックアップとして岩政よりも可能性を感じるから」。

・伊野波のSBはもういいや。

・カタールに2点目を決められたシーン(「壁が1枚だけどいいのか?」)を始め、松木さんの解説が稀に的確すぎて、僕個人の評価は急上昇。



準決勝の韓国戦は激戦必至。松木さんがもっともっと熱くなれるような試合を期待したいです。



ブログ村 totoカテゴリはこちらから

 ←ブログランキング参加中。皆さんのご協力お願いします。


【アジア杯サウジ戦】 岡崎、覚醒。か? 【J特】

岡崎岡崎前田前田岡崎なサウジ戦の後、ふと矢野貴章を思い出してしまったtoto予想ブログへようこそ。


オシム監督時代を含め、日本代表はサウジアラビアに苦しめられてきました。あのドーハの悲劇の舞台となったアメリカワールドカップ予選ではドロー、前回のアジアカップでも1勝2敗と決して相性は良くありませんでした。

ところが。

昨日の日本代表との試合を観る限り、サウジアラビアは過去の栄光とか自信とかそういうものは一切感じられない平凡なチームに成り下がっていました。

チームを強化するには長年の年月をかけて一進一退を繰り返さなくてはなりません。しかし、チームを弱化するのは簡単なんだな、と。

アジアカップ
日本00-00サウジアラビア
0-0
得点者
岡崎慎司
岡崎慎司
前田遼一
前田遼一
岡崎慎司
時間
8min
13min
19min
51min
80min
得点者
created by :TextMatchReport :more_info


・ザック采配炸裂。ケガの松井に代わって好調岡崎を起用した事が全てのはじまり。

・岡崎が上手くなってる。3点目なんて絶句レベル。移籍が噂されるシュトゥットガルトは大喜びだろうな。

・というか、岡崎は本当に覚醒したんじゃないかという動きの質と足元のテクニック向上。

・松井さんが今後スタメンで起用される日は来るのだろうか…。

・本田△の代わりは柏木。意図的なスペースの作り方など悪くは無かったが、もう少しミドルシュートの意識があれば面白い。

・前田はやれば出来る子なんです。

・伊野波の前田の頭へ合わせたクロスは完璧だった。しかしその後は…。クロスの精度が上がれば内田を脅かす存在になれるかも。

・闘莉王、中澤不在を感じさせないCBの今野と吉田。それに加えて岩政まで使うなんて、イイ。

・全ての選手交替に意味を見出せた事が嬉しく感じる。

・まぁ、とにかくサウジが悪すぎたんだが。それでも出来の悪いモチベーションの低いチームから5得点をしっかり奪うあたりは素晴らしい。

・あとは香川か。

・松木安太郎「こういうゲームになると解説しててもサボりそうになるんだけど、大したもんだねぇ」って、サボるな。

・公式入場者数「2022人」ってwww 2022年のワールドカップ開催とかけたんだろうが、さすがに嘘だろ。



次は決勝トーナメントのカタール戦。中東の笛が関係無いくらいのレベルで圧倒して欲しいですね。



ブログ村 totoカテゴリはこちらから

 ←ブログランキング参加中。皆さんのご協力お願いします。


【アジア杯シリア戦】 松木さんに乾杯! 【J特】

今年も日本代表戦のスチャラカ観戦記を備忘録として残しておこうと思っているtoto予想ブログへようこそ。


シリア戦の翌日、会社の同僚と飯を食べている時の事。

今までサッカーに興味が無かった(と思っていた)20代の女性が
「日本代表戦、アジアカップのシリア戦に興奮した」と言うのです。

詳しく聞いてみると、劇的な試合展開はもちろんの事、
「解説の方(松木さん)の興奮がこちらにも伝わってきて、ワタシも興奮した」って言うんです。

若い女性を興奮させる解説、ってスゲェわw

コアなサポーターからは
「松木ウルセェwww」「松木はただの酔っ払いオヤジww」等、完全にダメ解説者扱いされている松木さんですが、日本代表にあまり興味を持っていない新たな層を引き込んでいる事実。

「なんなんすか、コレ(怒)」を連発し「ふざけたロスタイムですね」と言い放つ解説者を解説者として認めたくはないので、次からは【サポーター代表】という肩書きで大暴れして欲しいと思います。

それにしてもあの劇的な試合内容よりも記憶に残る松木さん、あんた本物だよ。

アジアカップ
シリア10-12日本
1-1
得点者

F・アル・カティブ
時間
35min
76min
82min
得点者
長谷部誠

本田圭佑
created by :TextMatchReport :more_info


・本田△はやはり上手い。ボールが収まる安心感。

・でも、本田△にはPKは蹴らせない方が良いかと…。

・ヨルダン戦よりはパスミスが減ったが、それでもイージーミスはある。バックパスや横パスをミスる癖は治したい。

・前田には何か憑いてるんじゃねぇか、と。

・長谷部のキャプテンシーが素晴らしい。試合中に味方を鼓舞する姿から、審判への対応、そして試合後のマスコミ対応。日本代表は南アフリカで大切なものを手に入れた。

・シリアにPKを与えたシーンはDF陣の軽い守備が原因。身に染みろ。

・川島乙。西川ガンバレ。

・内田と長友に差を感じた。内田が全体的に上手くなっている事実と、長友が前への推進力を低下させている事実。

・香川がセレッソ時代の香川に戻った。

・岡崎の気迫がスゴイ。アジアレベルだとメンタルで何とかできる事を証明した。

・ザックらしさ、というものはまだ出てこないか。香川OUT→岡崎INは「おっ?」と感心したが。


今日のサウジ戦は会社を早退し万全の準備(ホロ酔い)で松木さんを見守りたいと思います。



ブログ村 totoカテゴリはこちらから

 ←ブログランキング参加中。皆さんのご協力お願いします。


【アジア杯 ヨルダン戦】 年明け初戦はいつもこんなもん。 【J特】

あけましておめでとうございます!ヨルダン戦を観て正月気分が吹っ飛んだのtoto予想ブログへようこそ。

毎年、Jのシーズンオフに行われる代表戦は酷い試合になることが多いとはいえ、今年は海外組が多いこともあり、ちょっとだけ期待しておりました。

が、相変わらず。

日本が入ったグループははかなり楽なグループであると思っていたのですが、読み違いですかね…。

いや、最終的にアジアの頂点を目指すのであれば初戦から絶好調ではあってはいけない、とポジティブに考えて次戦以降に期待しましょう。


アジアカップ
日本10-11ヨルダン
1-0
得点者

吉田麻也
時間
45min
92min
得点者
ハサン
created by :TextMatchReport :more_info




・時計の針が2009年に戻ったかのような日本代表の出来。

・引いた相手を崩せないのはいつものことか…。

・前田はどんだけ内弁慶なんだ、と。アルゼンチン戦を思い出せ。

・遠藤が重め。

・長谷部は良かった。長谷部がいなかったらと思うと…。

・吉田は落ち着いてプレーすればもっとできるはず。

・李、QBK。



次のシリアはFIFAランキング的にはヨルダンと同じレベル。1戦消化して言い訳の効かない状況で、圧勝して欲しいですね。


ブログ村 totoカテゴリはこちらから

 ←ブログランキング参加中。皆さんのご協力お願いします。


FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。